ゴールデンウィーク。

しかし、ゴールデンウィークなんてジイサンバアサンにはナンの関係も無いわね。
このところ毎日良い天気がつづいていて気持ちが良かったが、今日は雨ね。
わたしは晴れの日はもちろん好きだが、雨の日も旅行の予定などが無い限りそれなりに楽しめるので、モンダイはないわね。
でも昼間は暖かいが、まだまだ朝、夕はひんやりしてるわね。
我が家の石油はもう無くなったので電気ストーブを点けてるの。
Hと猫用のオコタは今日片付けてしまったわ。
部屋がスッキリして広くなった感じ。
晴れた日は衣類の整理や部屋の片付けや、ちょこちょこ部分的な草むしりをしていました。(この頃はすぐ腰がいたくなるので)

わたしはまたまたブログを書くのが邪魔くさくなり、よそ様のブログのROM専門だったのだが、シニア女性のブログ間同士の揉め事でシニア女性の生態をいろいろお勉強させて頂きましたが、記事やコメント欄を読んでいて、いい年して、まあつまんないことに傷つき「涙が溢れてきます」だとか、「あなたが壊れてしまわないか心配です」とか交わされていることばが大げさで、揃いも揃ってつくづく感傷的なご婦人ばかりだなあと笑っちゃったわね。

わたしは読んでいてどっちもどっちだなあというのが正直な感想だったが。
双方共どこまでも主観的で、だらだらと言い訳に終始しいさぎよくないのよね。
納得のいかない事は、追いかけてまで白黒はっきりさせたいとかしっこいの。
そんなモン決着が付く訳ないじゃない。

相手を責めるだけで、自分を笑うゆとりも無く、負けてあげる優しさも無い。
自分のブログをいくら美しい文章や写真で飾っていてもそこには自己愛しかないの。
自身の冷酷さが見えていない底の浅さを感じるだけね。
それと気になったこととして、ブログを閉じるのは良いが、相手に反発を覚えさせる捨てセリフは遠慮した方がいいと思うなあ。大人なんだから。

ところで今日は録画しておいたAXNミステリー「刑事フォイル」の1話と2話を見ていたのだが、これは落ち着いた雰囲気の久し振りにグッとくる硬質な良いドラマだったわ。

a0006033_21285652.jpg


「ロング・グッドバイ」は音楽と斬新な美術に「オオッ!」と驚き目が釘付けになり、これまたグッときてしまったわ。
背景の設定は違うが内容は原作通りに進んでいるみたいね。
浅野忠信は予想通り好いわね。濡れた子犬みたいな綾野剛もまあまあでこれからも楽しみなドラマだわ。

「花咲舞が黙っていない」は2話まで、「極悪がんぼ」は3話まで見たが、期待を裏切らず面白いわね。
「MOZU」は面白く見ているのだが、恋愛が絡んでくるとなんか邪魔くさいのよね。安っぽくなって。
「ルーズヴェルト・ゲーム」も見たが、これも面白そうね。
さあ、5月はNHK総合で待ちに待った「ダウントン・アビー」も放送されるし。

AXNミステリーではリッパー・ストリート(シーズン2・ 第1話~第2話)
字幕版:5月17日(土)10:00pm~深夜0:00am

a0006033_21294080.jpg


ミステリー in パラダイス(シーズン3・第1話~第2話)
字幕版:5月17日(土)6:00pm~8:00pm

a0006033_21303494.jpg


ブラウン神父(シーズン2・第1話~第2話)
字幕版:5月17日(土)8:00pm~10:00pm
a0006033_21311694.jpg

もあるので、とっても楽しみなの。

by rampling | 2014-04-29 21:50 | 映画 ・ドラマ

今日は久しぶりの雨ね。

雨の日はいつも家事は適当に済ましノンビリするのが決まりとなっています。
今日は、朝から桜チャンネルの「亡国への道か?移民大量受入と日本」を見たりビデオを見たりしていました。
移民のモンダイは軽く考えていたが、この番組を見てそんな単純なことではなくて、各国の実情を知れば知るほど日本の将来がアブナイなあと心配になってきたわ。

それから録画しておいた泉谷しげると夏木まりの「ミュージック・ポートレイト」を見たのだが、夏木マリの選曲ではショパンの「雨だれ」は好きじゃないが、アニマルズの「朝日のあたる家」、ジャニス・ジョプリンの「Cry Baby」、ボブ・マーリーの「EXODUS」はわたしも好きなので、うんうんと感動を共有できるわね。
第2夜の来週が楽しみ。
この番組はゲストによって見たり見なかったりなのだが、前に見たのは大竹しのぶ と奈良岡朋子のだったが、これも好かったわ。

ドラマ「百舌の叫ぶ夜」は第2話も面白かったわ。
男くささがプンプン匂ってワイルドだねえ。(^.^)
日本テレビの「花咲舞が黙ってない」「アリスの棘」も1話は見たが、まあまあで、これから先期待できるかしら。
後見ているのはNHK総合の「銀二貫」、BSプレミアムの「珈琲屋の人々」「神谷玄次郎捕物控」この中では「銀二貫」がイチバンかな。
「続最後から二番目の恋」も始まったが、これも今のところまあまあね。
「極悪がんぽ」も芸達者な尾上真千子が出ているので面白くなりそうだわ。
明日から土曜ドラマ「 ロング・グッドバイ」が始まるので楽しみにしているのだが、果たしてどうなのかな。

晴れた日の昨日までの我が家の庭。
またまた雑草が生えてきてこれから草むしりが大変よ。

a0006033_14321446.jpg


a0006033_1431194.jpg


a0006033_14313838.jpg


a0006033_14323752.jpg


a0006033_14315189.jpg


a0006033_14315918.jpg


ノラちゃんは相変わらず遊びとウンコにきています。
手前の猫は我が家のチャーちゃんですが、ノラちゃんと仲良しらしいの。

a0006033_1433630.jpg


a0006033_14332916.jpg


a0006033_1434699.jpg


a0006033_14341969.jpg


うらめしやーという顔のノラちゃん。(^.^)

a0006033_14334524.jpg


a0006033_14344197.jpg


ミミたんです。

a0006033_196467.jpg


a0006033_196431.jpg


ふなっしーのグッズがあったので買ってしまったわ。
1個はHのリュックに付けて、もう1個はわたしのお買い物バッグに付けてるの。
可愛いわよ。

a0006033_143635100.jpg

by rampling | 2014-04-18 15:00 | 映画 ・ドラマ

いろいろなこと。

新ドラマ「百舌の叫ぶ夜」を見たが、原作の紙面では状況が過去に行ったり現在に戻ったりして、なんかこんがらかってしまいイマイチの感想だったのだが、映像は一目瞭然だから理解しやすくて好いわね。
ただわたしもイカれてしまった倉木警部が西島秀俊というのがね。
じゃ、誰がいいのだと聞かれても「うーん」と考えてしまうのだが。でもなんかイメージが違うのよね。
また、エンディングロールがすごいわね。音楽も好いし。
これからの展開どのように見せてくれるのか楽しみね。

AXNミステリーのスティーヴン・キング特集は、「骨の袋」だけが好かったわ。後はイヤ。
彼の作品で好きなのは「ショーシャンクの空に」「スタンド・バイ・ミー」「ニードフル・シングス」くらいね。
「犯罪~ドイツの奇妙な事件~」は録画したのでこれからゆっくり見るつもり。

ところでわたしがラジオ大好きなのはご承知のことよね。
今までわたしは海外旅行へ行く時はヒマなので必ずいろいろ録音してあるトークマスターを持っていったのだが、これが充電式なので長いフライトとなると行きで消化してしまい帰りは聴けなくなるの。
それで電池式のをいろいろ探していたらソニーのメモリーカードレコーダーというのがあったので早速買い、届いた日にNHK第2を録音してあるSDカードを入れて聴いてみるとOKだったので、じゃトークマスターの古いSDカードも聴けるかなと入れてみたらこれも聴けたのよ。オオばっちりじゃんと機嫌よく電源を切りカードを抜こうとすると、これがナニかに引っかかっている感じで抜けないのよ。いくらやってもダメなの。

ああ、やはりトークマスターのカードはダメだったのかなあと後悔したが、説明書を読むとクラス10までOKとある。なんだトークマスターのカードはクラス4なので大丈夫じゃん。
でもとにかくカードを取り出さなくちゃダメなのでソニーの修理に出したのだが、結局商品に問題があったらしいわ。本当は新しい商品と交換してほしかったが、無料で修理してくれたので、しょうがなく受け取ったのだが。まあ、好いか。とにかくトークマスターのカードも使えるようになったんだから。
このメモリーカードレコーダーは使いやすくて好いわよ。

a0006033_1823739.jpg


わたしは現在はトークマスターで録音することはなく、ソニーのコレでじゃんじゃん録音してるの。これも使いやすくて好いわよ。
a0006033_183093.jpg


うふふ、実はHに内緒で2台持ってるのよ。一つは日本放送の「電話相談」と「ザ・ボイスそこまで言うか」「辛坊治郎ズームそこまで言うか」を録音して、もう1台はNHK第2の
「朗読」「ラジオアーカイブス」「カルチャーラジオ文学の世界」「文化講演会」「古典講読」「こころを読む」を録音してるの。
Hに言うとナンで2台もいるんじゃとウルサイでしょう。だからナイショなの。
1階と2階に置いてあるんだけどコマかい男じゃないので気がつかないみたいよ。
許してね。父ちゃん。

この間NHKプレミアムの「The Covers 」を見たの。
ゲストは一青窈で、ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」テレサ・テンの「つぐない」を歌ったのだが、これが好くてね。
彼女のカバーアルバム「歌窈曲(初回生産限定盤)(DVD付) 」を買ってしまったわ。

a0006033_1833270.jpg


ということで、家事をしながらCDを聴いたり、ラジオ録音を聴いたり、ビデオを見たりで毎日楽しく忙しく過ごしています。

a0006033_15553835.jpg


by rampling | 2014-04-13 18:09 | 映画 ・ドラマ

コースはドイツ村→金谷→佐久間ダム→いちご農園→道の駅。
8時集合だったのだが、バスが混雑していて10分ほど遅れて出発したのだが、高速でも事故渋滞で30分ほど遅れてドイツ村に着き、芝桜を見物したのだが、うーんと広くて大きな建物が無いので、まあ、風が強くて帽子が飛ばされそうでした。

a0006033_15492048.jpg


a0006033_1551640.jpg


a0006033_15493084.jpg


a0006033_15494034.jpg


a0006033_1549502.jpg


a0006033_1550137.jpg


a0006033_15501036.jpg


a0006033_1550257.jpg


a0006033_15503922.jpg


a0006033_15505020.jpg


昼食は金谷のレストランでイセエビ、あわび、サザエ、鯛めしを頂いたのだが、わたしはサザエとアワビは嫌でHはエビ類はあまり好きじゃないので交換して互いに好きなものを食べ、Hは鯛めしと鯛汁を御代わりしてました。
味はまあまあでしたね。
このレストランの売店はとても広くていろいろなお土産物が豊富でここでもいろいろ買いました。

佐久間ダムでの散策は桜よりもカモに目を奪われました。

a0006033_15532890.jpg


a0006033_15533852.jpg


a0006033_15535444.jpg


a0006033_1554798.jpg


a0006033_15542677.jpg


a0006033_15544574.jpg


a0006033_15564018.jpg


いちご農園ではいちご食べ放題なのだが、昼食をたべたばかりで、いちごもそれほど甘くもなくてわたしたちはあまり食べなかったのだが、70代のオバちゃんグループは「甘くて美味しいわね」なんて言いながら渡された容器に山盛りのヘタを積み上げ最後まで頑張り食べつづけていました。(^.^)

a0006033_1556034.jpg


a0006033_15554877.jpg


道の駅で手渡されたカップの牛乳とカステラを食べたがこれは美味しかったのでお土産に買いました。
わたし自身へのお土産はフクロウの置物とティーカップを買いました。
フクちゃんは素朴で好いお顔をしているでしょう。

a0006033_15574327.jpg


a0006033_2018473.jpg


帰りは渋滞することもなくてバスはスイスイ走り7時ちょっと過ぎに駅に着きましたが、わたしはこのぐらいの時間で帰宅するのがイチバン良いわね。6時でも好いわね。
アレもコレもとそんなに盛り込まなくていいの。
観光は一つか二つで好いの。
海外旅行はアレもコレもといっぱい詰め込んで夕食が大体8時頃になるでしょう。遅いのよ。
それから部屋に引き上げお風呂に入りやっと睡眠できる。
わたしのお顔の賞味期限はせいぜい6時なの。
それを過ぎるとヨレヨレで見られたもんじゃない。(-_-;)
朝早くから夜遅くまで拘束されて。ほんとに疲れちゃうのよね。
わたしは早寝早起きだから毎回それがつらくて。
まあ、好きで行ってるんだからしょうがないが。

by rampling | 2014-04-11 16:03 | 旅行

花子とアン。

NHKラジオ第2の朗読「赤毛のアン」が終わってしまったが、テレビでは「花子とアン」が始まり今のところわたしは毎日楽しんで見ています。
花子の子役の子がなんとも可愛いわね。

内容は村岡花子さんのお孫さんの恵理さんの書いた「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を2008年に買い、すでに読んでいるのでドラマと見比べるのも楽しいわね。

a0006033_2015506.jpg


a0006033_2016412.jpg


a0006033_20161696.jpg


a0006033_20162762.jpg


a0006033_20163652.jpg


お正月に読もうと思って買ったのだが、まだ読んでいなかったケイシー・ヒルの「タブー」を読み終えました。
a0006033_20173315.jpg


カリフォルニアでの腕を買われダブリンのアイルランド警察科学捜査部GFUの主任に抜擢されたライリー。
幼いころに毎日のように聞かされた父親の祖国であるアイルランドの魅力的なハナシの数々。
だが赴任したライリーが見たダブリンはまったく違っていた。
3ヶ月に一件ほどの殺人事件しか起こらなかったこの国の治安は着実に悪化しているようだった。
彼女が赴任してから続けさまに4件の事件が起こる。
そして4つのすべての事件に共通点があった。
犯人は被害者全員にやりたくないことを強要することに喜びを感じ、殺すだけじゃ飽き足らず彼らにとうてい受け入れがたいことを、無理強いさせたのだ。
つまりタブーを犯させること。
まずは支配し、そして殺害する…。

うーん。ここまでは引き込まれ興味津々に読んだのだが、犯人の正体が分かり、動機が単なる個人的な恨みからきていることを明かされ始めたところから、なんだかつまらなく退屈になってきちゃってね。
単なるアタマのおかしな女の犯罪じゃ単純すぎて。
ラストはパラパラとめくりちゃっちゃと読み終えました。

うーん。わたし的には★★★星3つかな。

by rampling | 2014-04-02 20:19 |