4月8日に出掛ける予定だった「東京食べ歩きとお花見スポットを巡る1日」が中止になりましたとの速達が届いた。
このところの桜の早咲きで多分わたしたちが行くころには桜は葉桜になっているだろうなあと諦めていたのだが、やはり中止になったかと納得したのだが、代替コースとして4月3日の「大江戸3食付!東京スカイツリーと隅田川お花見クルーズ」というのがありますがいかがでしょうかとあったのでHにどうする?と聞くと行くというのでこちらのコースに行くことにしたの。
雨が降らないといいけどなあ。

ところでわたしは3月に灯油を頼んだ時によく考えもせずにいつも通りの20リットル入り4缶を頼んでしまったの。
それから暖かい日がつづきアラマアどうしようと思っていたのだが、ここ2、3日寒い日がつづいているので「ヨシヨシ」と胸を撫で下ろしているのだが、まだ2缶も残っているのよ。あ~あ。

しかしまあこの頃のテレビはつまんないわね。ドラマも無いしゴールデンタイムなんて見るもの無しよ。
わたしは早寝早起きだから9時以降の番組は録画をしておいてヒマな時に見ているのだが、今日の録画予約はNHK総合の「春眠 眠いい生放送」Eテレの「今よみがえる方丈記」とTBSの「情熱大陸」NHKプレミアムの新ドラマ「小倉写真館」ぐらいね。
テレビのつまらないゴールデンタイムには本を読んでいるのだが、この間ちょっと興味が湧いて買った本は南木桂士「陽子の一日」と小池真理子「沈黙の人」なのだが、このところずーっと海外ミステリーを読んでいたせいか、なんかつまらなくてね、なかなか前に進まないの。
a0006033_1103450.jpg


確かに50代頃から小説がつまらなくなり、それからはエッセーを多く読んでいたのだが、それにも飽きてしまい60代に入りミステリードラマが好きになりその影響でこの頃はミステリー小説にハマっているのだが。

なんかこの年になるともう他人の心理をくちゃくちゃ描いたものなんかどうでもいいのね。身の上話ももうたくさん。善意も悪意もジャマくさいし考えるのも面倒くさい。
しんねりむっつりはもうたくさん。読んでいて単純に面白いものが好いわ。
ミステリーは好いわね。出会いは遅かったが、会えて好かった。
これからはミステリー婆ちゃんで行くわ。

by rampling | 2013-03-31 11:09 |

今日は名古木の

清掃事業所へ石油ストーブを持ち込み処理をお願いし、これはオッケーだったのだが、それともう1点テレビも持っていったのだが、これは断られちゃったの。
実は今日は読売新聞の不良・不要品を無料回収してくれる日なので加湿器と石油ストーブと昨夜Hが碁会所から持ち込んだ古いテレビを玄関前に出したのだが、テレビと石油ストーブは断られたのでこれらは清掃事業所へ持ち込んだの。

ぼんやりバアサンのわたしは知らなかったのだが、テレビは自分で指定引取り場所へ搬入しなくちゃならないらしいわね。
Hは碁会所の役員なのでテレビも読売新聞の無料回収に出せばいいと軽く考えて持ってきたらしいのよ。それがそれが……。

自分で搬入する場合はゆうちょ銀行で「家電リサイクル券」と「郵便振替払込受付証明書」と「払い込み受領書」を受け取り、家電リサイクル券に郵便振替払込受付証明書を添付し、対象機器に貼りつけ秦野金属に持ち込むらしい。
面倒くさいがしょうがないわね。

午後からはHのガン治療の為にお休みしていた古文書クラブに行ってきました。
一応先生への年賀状には3月から出席すると書いておいたのだが、会員の皆さんは知らなかったようで、前回もわたしのことが話題になっていたらしく皆さん喜んで迎えてくれて嬉しかったです。
お休みしている間は勉強もせずミステリーばかり読んでいたが、これからはしっかり勉強しなくちゃね。

by rampling | 2013-03-28 18:07 | 思ったこと

★★★★星4つ。
「1929年、共産主義者のクーデターが噂される春のベルリン。ゲレオン・ラート警部がわけあって故郷ケルンと殺人捜査官の職を離れ、ベルリン警視庁風紀課に身を置くようになってから、1ヶ月が経とうとしていた。
彼の部屋の元住人を深夜に訪ねてきたロシア人が、無残な死体となって発見された。
殺人課への異動を望み、いつまでも風紀課にくすぶるつもりのないラートは、ひそかに事件の単独捜査を開始する。
それがさまざまな陰謀と罠が渦巻く巨大な事件の発端とは思いもせずに。」

タイトルの濡れた魚とは迷宮入りの事件を指すらしいわね。たいていの魚は釣り上がり、濡れた魚はそう多くはないということ。

最初に共産主義だのなんだのと出てくるので面倒くさい小説かなと思って読んでいたのだが、そうではなくロシア貴族の莫大な金塊の行方を巡ってあらゆる組織が丁々発止の死闘を繰り広げる様を描いたものでとても面白かった。
その他ラートが最高の上司と信用し慕っていた男の裏切りと真の姿、警察幹部の隠蔽工作なども描かれ、途中でダレることもなく最後まで興味深く読めました。

主人公ラートの風貌が明らかになるのは106ページからで、ノッポで刑事にしてはシャレた服を着ていてオシャレで女にももてて野心満々な男なのだが。
ちょっと気に障ったのは好きな女にはメロメロで「好きだ♪好きだ♪」とバタバタ騒ぎ、どうでもいい女には実に冷酷なの。
だったら最初から寝るな!酔いにまかせてなんて言い訳するな!
わたしはこういう男は嫌い。人間味が感じられないもの。
眼中にない相手でも寝ちゃったんだから一応無礼にならないような配慮がなくちゃねえ。まったく。光源氏を見習え!

その点むかし読んだ長いお別れのフィリップ・マーロウとは違うのよね。
彼も冷たいが情はあるもの。
ハナシがソレてしまったが、やはり主人公は好きなタイプの男じゃないとね。

a0006033_1619938.jpg

by rampling | 2013-03-25 16:29 |

暖かい日が続いたので油断して夜眠る時にタイツもレグウォーマも靴下も脱ぎ素足で眠ったせいなのか。急に膝が痛くなっちゃって。
昨日が一番痛かったわ。それでも足を引きずりながら家事を頑張り、夜は熱めのお風呂に入り膝を暖め、寝るときはいつものように完全武装をして寝たせいか、今日は少しましになり、午前中は美容院へ行きパーマをかけてきたの。
美容院から戻ると隣の奥さんが腰が痛いのでこれから針治療へ行くのよと言っていたが、年をとるとあちこち痛くなってイヤね。

今日の我が家の庭の様子です。

a0006033_13441797.jpg
a0006033_13443250.jpg
a0006033_13444573.jpg
a0006033_1345438.jpg

a0006033_13462789.jpg

ニャンコたち。
a0006033_13473977.jpg

by rampling | 2013-03-22 13:49 | 思ったこと

男子1位はパトリック・チャン。2位はデニス・テン。3位はフェルナンデス。
女子は1位キム・ヨナ。2位はカロリーナ・コストナー。3位は浅田真央。
羽生君は4位。大輔君は6位。無良君は8位。に終わりました。
大輔君はまだ調子が戻っていないのか。悔しいわね。
佳菜子ちゃんは4位。鈴木明子もフリーではジャンプミスが続き12位に終わりました。
しかし今回は女子も男子もいろいろアクシデントがあって大変だったわね。
アモディオはスピンで転倒。コストナーは鼻血を出すし。トゥクタミシェワもバランスを崩し突然の転倒でこれには驚いたわ。
今回もジジュンリーは可愛かった。可愛いだけじゃなく実力もあり7位。
しかし、ジャンプミスが続き14位に終わったマイナーちゃんは残念だったわ。
ジュベールはだんだん調子が戻ってきていてこれからが楽しみね。

今回わたしの印象に残ったのは明るく元気溌剌のオズモンドと爽やかなグレイシー・ゴールド。二人共表情が良く体当たりの演技で好かったわ。
コストナーも好いわね。手足が長く身長が高いせいか動きがダイナミックで魅了されたわ。
キムヨナも好かった。やはり表現力が素晴らしいわね。
真央ちゃんは演技はともかく痩せすぎでどうもインパクトに欠けるのよね。
演技者には肉感的な魅力というのも大切よ。いつまでも少女じゃダメよね。
脱皮したセクシーな真央ちゃんも見てみたいわ。
昨日のエキシビションでのセクシーな大輔君は素晴らしかったなあ。
さあさあ、今度はソチで素晴らしい演技を見せてもらいましょう。

by rampling | 2013-03-19 16:28 | フィギュアスケート

「人生の楽園」

前は「徹子の部屋」なんかで田辺聖子さんのお姿をちょいちょい拝見することがあったのだが、この頃はそういうことも無くなりさびしいなあ、聖子さんどうしているのかなあと思っていたのだが、先ほど毎週録画している「人生の楽園」を見ていたらなんと聖子さんにそっくりな大島で魚屋さんを経営しているおばちゃんが出ていて驚いてしまった。
まあ、よく似ていること。
穏やかな眼差しと笑顔がとても良いほんわかムードの可愛らしい61歳のおばちゃんである。
わたしはこういう素直な企みのない女人の顔が好きなのよね。

この千春さんは高校を卒業し上京して働いていたが、29歳の時に高齢の両親を心配し父母の暮らす新居浜に戻り、43歳で大島の漁業協同組合に就職そして去年の4月に定年退職をして退職金で10月に魚屋を開店したらしい。
親孝行で、働き者で、結婚もせずに両親をみとり現在は一人暮らし。
夢は調理師免許を取っていずれはお惣菜も売りたいと考えて只今免許取得の勉強中らしい。
見る限りほんわかムードながらも淡々としていて愚痴とは無縁な芯の強いところも聖子さんにそっくり。
自分をよく見せようとの顕示欲のみじんも感じられず、ありのままの自分を堂々と生きている。
こういうのが地に足のついた真っ当な生き方なのだろう。
とてもかなわないなあと思う。

by rampling | 2013-03-16 21:07 | 思ったこと

ホンワカ気分で過ごしていたのだが、今日は朝方は晴れていたが、その後曇ってきて風も強く寒くなってきたわ。
毎朝コーヒータイムに楽しみに見ていたAXNミステリーの「ルビコン」も終わっちゃった。
今日は最終回だったのだが黒幕に「真相をぶちまけるかどうかは君の選択次第だよ」なんてフィと去られちゃって。まあ余韻の残るエンドだったが。これでオシマイかよというすっきりしない不満は残ったわね。
でもアメリカドラマにしては面白かったなあ。

AXNミステリーより。
「アメリカAMCで2010年6月に放送された「RUBICON 陰謀のクロスワード」は、ある日何気なく解いた新聞のクロスワードパズルの答えが何紙にも共通する答えだったことに気付いた主人公が、それを報告した上司を殺され、また自らも大きな陰謀の渦に巻き込まれていくというストーリー展開が話題となったテレビシリーズ。クロスワードパズル、四つ葉のクローバー、隠された暗号、残されたメッセージなど、ミステリーファンならずとも、五感を刺激される要素がストーリーの随所に散りばめられ、ひとつひとつ謎を解明していく静かな緊迫感は見応え十分だ。
膨大なデータの断片を繋ぎ合わせて情報を組み立てていく苦悩、いくつもの伏線が絡み合い、ジリジリと追いつめられていく様子を、演技派で個性豊かな俳優陣が、ぶつかり合いながらも丁寧に紡ぎ出していく、上質の心理サスペンステレビシリーズだ!!」

バーナビーちゃんはとうに終わり、ヴェラも昨夜でお終い。(これは録画してあるので、これから見るつもり)ヴェラも最初は画像が暗く荒涼とした雰囲気で、見ていて寒々しく気が滅入ってきたが、回を重ねるにつれてだんだん色調も明るくなり安心して見ていられるようになってきたわ。このおばちゃんデカの性格の可愛らしさも見えてきて親しみを感じるようになってきたし。これもつづいて欲しいなあ。

金曜日のバーナビーちゃんの後釜にイタリアミステリーの「モンタルバーノ〜シチリアの人情刑事」が始まり16日の土曜日に1話2話の先行放送があるみたいだが、面白いといいなあ。

しかし、ウチはJ:COMなのでCS放送もいろいろ無料で見られるのだが、結局コンスタントに見るのはAXNミステリーだけね。
チャンネル銀河でもいろいろ海外ミステリーを放送しているのだが、視聴時間が合わないというか。
早朝とか深夜で。見せる気があるのか!とアタマにきちゃうのよね。
あとは気が向いたら映画をちょこっと見るだけね。それだけ。

「書店員ミチルの身の上話」も終わったわね。やっとミチルの夫を名乗る男が現れ、さあ物語はどう進展するのかなあと思っていたら意外な方向へ進み、なんだかなあ。なんかもう一捻りがほしかったわね。取ってつけた様な展開で。ほんといずれもラストは難しいわね。

ドラマを除いて今欠かさず見ているのは「YOUはナニしに日本へ?」ぐらいね。これは面白いわ。

by rampling | 2013-03-13 15:40 | 映画 ・ドラマ

「雨交じりの風が吹く、十月のレイキャヴィク。
北の湿地にあるアパートで、老人の死体が発見された。被害者によって招き入れられた何者かが、突発的に殺害し、そのまま逃走したものと思われた。
ずさんで不器用、典型的なアイスランドの殺人。
だが、現場に残された三つの単語からなるメッセージが事件の様相を変えた。
計画的な殺人なのか?
しだいに明らかになる被害者の老人の隠された過去。
レイキャヴィク警察犯罪捜査官エーレンデュルがたどりついた衝撃の犯人、そして肺腑をえぐる真相とは。」

最初はテンポが遅くて退屈で、なんだかなあと思いながら読んでいたのだが、殺された老人のホルベックの過去を調べ始めるところから面白くなってきた。そのホルベックのおぞましい過去が引きがねになり新しい事件が起こるのだが。
捜査にあたるイカれた子供二人を持つ離婚した50歳の犯罪捜査官のエーレンデュルはもじゃもじゃ頭のガッシリした男で一応皆に一目置かれているのだが、わたしにはいまいちこの男の性格がつかめなくて(解説を読むと彼についていろいろ紹介されているのだが、わたしには伝わってこなかった)、ヴァランダーのようには感情移入ができなく、なおかつ内容にヘレン・マクロイのような薄気味悪さがあり、わたしとしてはこの手のミステリーは苦手で今回は星★★★になりました。

a0006033_15262317.jpg

a0006033_21653100.jpg

by rampling | 2013-03-09 15:24 |

松田ハーヴガーデン。

昨日Hが歩こう会で松田ハーヴガーデンへ行ってきたので写真を載せておきます。
桜祭りが行われていてお雛様も展示されていたみたい。
上りも下りも病み上がりのHには少々きつかったようです。

a0006033_8123593.jpg
a0006033_8124254.jpg
a0006033_8125680.jpg
a0006033_813322.jpg
a0006033_81317100.jpg
a0006033_813216.jpg
a0006033_8133986.jpg
a0006033_8134477.jpg
a0006033_814086.jpg
a0006033_814638.jpg

by rampling | 2013-03-08 08:15 | 旅行

台湾旅行。

3月1日から4日まで「ランタンフェスティバル台湾6都市めぐり 4日間」へ行ってきました。
羽田まで往復送迎バスが出るというのでこれは便利ねと行ってきたの。
朝9時10分集合で羽田に着いたのは11時頃。
まだ早いので空港内でぶらぶらして12時ごろカウンターで荷物を預けチケットを貰う。
機内食は遅く出ると言われていたのでレストランで食事を済ましたのだが、予想を外れ機内食は早めに出たのでお腹一杯で残してしまったわ。

フライトは14時15分なのでそれまでぶらぶらして台湾へ向かいました。
チャイナエアラインは座席にテレビが付いていたが、目が疲れるのでわたしは見ないで持っていったミステリー「湿地」を読んでいたの。
台北(松山)空港へ着いたのは17時半頃。わたしは飛行機に乗る時は必ず耳栓を持っていき海外では着陸の1時間半前からは耳栓をするのだが、今回は耳栓をしてもかなり耳が痛かった。

台湾は21度ぐらいで寒くはないと言うので春用の薄いブルゾンと長袖のブラウスを着ていったのだが、着いたときは11度で寒くて寒くて震えてしまったわ。台湾はクーラーの設備はあるが暖房の設備は無いというので、もしやの為にと膝掛けとホカロンを持っていったのだが、これは正解だったわ。

無かったらわたし寒くて死んじゃうじゃん。ひざ掛けを掛けて座っていたのだがそれでも寒くて震えていたの。レストランで夕食を済まし、2時間かけて台中へ。なのに運転手さんが道を間違えたのでUターンしてレストランまで戻りまた新たにホテルに向かったのだが、着いたホテルはビジネスホテルで簡素。部屋もお風呂も狭くて暗くガッカリ。

2日は午前は台中市内観光。午後は日月潭を遊覧船クルーズで観光。夜はランタンフェステバルを見学。この日のホテルはまあまあでした。
3日は午前は台北市内観光。「故宮博物院」「忠烈祠での衛兵の交替」午後は九フンの散策予定だったが、日曜日で混むとのことで明日の予定の「中正記念堂」「総統府」観光と茶芸館にてのお茶の試飲とショッピング。この日のホテルが一番良かったわ。

4日は九フン(宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の湯婆婆のモデルの建物)の町並みを散策して占い横丁と通り過ぎたのだが、まだ時間があるとかで希望者は見てもらったみたい。わたしは占いは興味がないのでパス。それから免税店で買い物をして空港へ。

フライト時間の18時15分までプラプラして待ち搭乗。帰りは21時55分の予定だったのだが、21時半頃着き耳も痛くなりませんだした。手続きを済ましさあ、今度はバスで帰るのねなんて添乗員さんと他の参加者が集まるのを待っていたのだが、みんなが来なくてね。これが空港から出て外で待っていたらしいの。まったく随分時間を無駄にしてしまったわ。バスに乗り、タクシーで自宅に着いたのは午前1時頃。まあ、疲れちゃってクタクタでした。

いつもそうなのだが、今回もHが行きたいというのでお伴をしたのだが、1日、2日、3日と風が強く非常に寒い日が続き、帰る日の4日だけがちょっと暖かい日でね寒がりで冷え性のわたしにはナンダカナアというのが感想です。九フンでは湯婆婆のモデルの建物は喫茶店なので入るのかと思ったらただ見るだけだったし。

しかし、今回の旅行の問題点はレストランで食事が出てくるのが遅いこと。これは何処でも同様で席に着き用意してあるお茶を飲んで待っていてもなかなか料理が出てこない。
10分から15分ほどお預けを食いやっと出てくる始末。一皿がでてくるとそれからは次々に出てくるのだが。初対面の人間同士で会話もは弾まずじーっと待っているなんてこれはつらいことよ。なぜなのかしら。レストランに着く時間は分かっているはずなのにね。

印象に残ったのは規模の大きなランタンフェステバルと最後の日の夕食時の「台湾伝統芸能」の変面ショーと若い女の子三人が二胡と琵琶の演奏をしたのだが、最後に「プー♪」(オナラじゃないわよ)と歌いながらKARAのようなセクシーな踊りを踊ったのだが、これが可愛くて良かったわ。

しかし、わたしも中国、韓国、台湾とお寺をいろいろ見てきたがお寺巡りももう飽きたわね。海外旅行ももういいわというのが正直な感想。何日も朝早くから夜遅くまでいろいろ引っ張り回されるのはもうたくさんだわ。疲れちゃう。わたしは国内の日帰り旅行かせいぜい1泊で十分だわね。

Hは今日はニャンコを引き取りに行って、じゃあこれから碁の大会だからさ後は頼むねなんてさっさと出掛けちゃうし。いつだって後片付けはみんなわたしがするのよ。ニャンコは「さびしかったよーニャンニャン」とうるさいし。洗濯、掃除はしなくちゃならないし。ほんと疲れるわ。毎回同じことを言っているが、わたしは誰にも気を使わず家でタランコしているのがイチバン楽しいわね。何処へも出掛けなくても現状に十分満足しているのでこの状態が最高。

Hは旅行旅行と騒ぐが、ナニが良かったのと聞いてもこれといった感想は無いのよ。まったく。他人に何処何処行ってきたよと話すだけで満足なのかしらね。(^.^)、でもまあHが何処何処行きたいと言う希望がある限り一緒についていってあげなくちゃと思うし。まあ、いいか。

2日。ランタンフェステバル、日月潭。

a0006033_21204564.jpg


a0006033_212174.jpg


a0006033_21212396.jpg


a0006033_21214344.jpg


a0006033_21215351.jpg


a0006033_21222774.jpg


a0006033_21223628.jpg


a0006033_21224670.jpg


a0006033_21225448.jpg


3日。忠烈祠での衛兵の交替。中正記念堂

a0006033_21584575.jpg


a0006033_21591070.jpg


a0006033_21591820.jpg


a0006033_21593379.jpg


a0006033_21594238.jpg


a0006033_21595243.jpg


a0006033_220168.jpg


a0006033_2201226.jpg


4日。九フン。占い横丁。
a0006033_22103535.jpg


a0006033_22104774.jpg


a0006033_2211020.jpg


a0006033_22111626.jpg


a0006033_22113659.jpg


a0006033_2212263.jpg


a0006033_2212984.jpg


a0006033_22122483.jpg

by rampling | 2013-03-05 21:24 | 海外旅行