人気ブログランキング |

ミス・マープル。

いつも週末はのんびりしているのだが、今日は朝から雨なのでなおさらタランコしています。タランコ大好き。
朝のコーヒータイムには昨夜放送された世界フィギュア男子ショートを見ていました。
今夜はフリーがあるので楽しみです。
今は昨夜録画しておいた「JーPOP青春の’80」を見ながらじゃなくて聴きながらコレを書いています。

ドラマはマープルも終わりさびしい限りね。今回のマープルは「殺人は容易だ」「青いゼラニウム」「チムニーズ館の秘密」は単純に面白かったわ。
「蒼(あお)ざめた馬」が一番面白かったかな。
好青年が犯人であると名指しされてから仮面が剥がれみるみる残忍で酷薄な顔付きに変わっていく様子がスゴみがあったわね。

いつもは静かで穏やかなマープルが犯人に対して鋭く切り込んでいくのも珍しかったわ。
これは前に別バージョンを見たのだが、それよりも良かった。
「鏡は横にひび割れて」は室内のインテリアを楽しめたし。

テレビで有名芸能人のお宅訪問となると揃いも揃ってロココ風のちゃらちゃらしたインテリアなのだが、わたしはむかしから落ち着いた重厚な雰囲気のブリティッシュスタイルが大好きなの。とにかく陰翳があるでしょ。谷崎の陰翳礼讃よ。(^.^)
だからマープルの自宅や女優マリーナ・グレッグが買い取った屋敷のインテリアを拝見するのは楽しかったわ。

a0006033_16122731.jpg


a0006033_16123897.jpg


a0006033_16125234.jpg


a0006033_1621562.jpg


「チムニーズ館の秘密」はフィンチ警部(スティーヴン・ディレイン)のからかうような皮肉な目付きや落ち着いたたたずまいが素敵で好い男だなあとシビれてしまったわ。
さり気なくネクタイを直すキザなところも好いし。

a0006033_16132538.jpg


a0006033_1619342.jpg


a0006033_6284164.jpg


今回ポワロとマープルを見ていてわたしはやはりマープルの方が好きでより楽しめるみたい。
8作を一通り見たが、もう一度旧作を含めじっくり見たくなったわ。
マープルはジョーン・ヒックソン、ジェラルディン・マキューアン、ジュリア・マッケンジーと役者は違えどそれぞれみな好いわね。

ウィキペディアには「ノンシリーズなどをミス・マープルものとして大胆に改変、製作していることについては賛否評価が分かれる」とあるが、わたしは拘ることは無いと思う。どんどん改変し、役者を変えてもわたしが生きている限りずーっと続いてくれることを願うわ。
さあ、今シリーズもダビングして保存しておきましょう。


by rampling | 2012-03-31 16:22 | 映画 ・ドラマ

今日はHのタイトなスケジュールのせいで延び延びになっていた我が家の甘夏を収穫をしました。
今年は1軒に20個づつ12軒に配りました。
でも今日は暖かくて気持ちの好い日だったわね。
みかんの木もすっきりしました。真ん中の黒いのはH。
a0006033_20424971.jpg

山下智久のルート66を横断する旅も終わってしまったわね。
この旅で印象に残った映像はグランドキャニオンとモニュメントバレー。
アメリカの旅なんて、てんで興味が無かったが今回の放送を見てここは良いなあと思ったわ。
自然の雄大さが感じられる場所は好いわね。
敦煌とかアフリカも。でも敦煌とかアフリカはコース料金が高いのよね。それがモンダイ。(^.^)

そしてホンネ日和も終わったわ。
なんか好きな番組が次々終わってしまう。
司会者のARATAとYOU。
ARATA君は好い感じの男の子で好きなのだが、あのYOUがね。
わたしはYOUみたいな舌足らずのタラタラした女はきらいなの。
なにかといえば髪の毛に手をやりあれは一体ナンなのだろうね。
髪がペシャっとなるのが嫌でふくらみをもたせたくてああいう動きになるのかね。
これが毎回邪魔くさい。(^.^)
もう50歳近いのだからいい加減覚悟を決めたらいいのに。
女々しいオンナね。

でも今回はマジメ人間の理論的なARATA君とペテン師を理想とする感覚的なYOUとの噛み合わないハナシを聞いていて面白かったわ。
しかし、ARATA君にうっかり道を踏み外してしまうことを期待するようなニュアンスといい、自分は中途半端を極め生きていきたいとか、なかなか味のあることをおっしゃるYOUは意外と深みのあるオンナなのだろうかと考えてしまったわ。
それともその場の雰囲気での単なる思いつきで言っているのかしら。
by rampling | 2012-03-27 20:50 | テレビ番組

今日は

朝早く美容院へ出掛けカットをしてきて、戻ってからは古文書のリポートを完成させ、先程まで録画ビデオを見ながらほったらかしにしていたステッチをやっていました。
リポートは碁会所に出掛けるHに投函を頼みました。
Hは毎週土曜日の夜の卓球は近くの瞬美館で行われるのだが、月に1回だけは体育館なので今日は碁会所から直接卓球に行くというので車で出掛けて行きました。
瞬美館では練習が終わった後は酒盛りがあり戻るのは11時頃なのだが、今日は体育館なので8時には戻るよと残念そうな口振りで出掛けました。
しかし、金、土、日とマープルが無いのでつまらないわね。
今日のテレビ番組表は珍しいことに一つしかマーカー線が引かれていないの。
わたしは朝見たいと思う番組には黄色のマーカー線を引いておき予約録画するのだが、今日は「美の巨人梅原龍三郎」だけ。
なぜかごちゃごちゃどうでもよい長時間番組は見る気がしないのよね。
この間「クローズアップ現代」を見ようとしたらやっていないので、アラ終わってしまったのかしらとHPで確認してみたら「3月19日(月)から3月29日(木)まで春の特集編成のため休止となります。次回の放送は4月2日(月)の予定です。」と載っていたの。
良かった。わたしは毎日欠かさず見るというようなファンではなくその日のタイトルで興味のあるものしか見ないのだが、それでも終了したら淋しいわ。
「さかのぼり日本史」は天智、天武に興味があるので面白く見ているわ。
さあ、今晩はたまった録画ビデオを見て楽しみましょう。
ステッチはここまで出来ました。
a0006033_16581789.jpg

by rampling | 2012-03-24 16:58 | 思ったこと

驚いたことにわたしを除いた会員は花粉症で大変な様子でした。先生は注射を打ち薬を何種類か飲み目薬を差してなんとかしのいでいるとか。それを聞くとHなんかまだまだ軽い方ですわ。
参加者は60代、70代なのだが、年をとるとひどくなるのかしらね。
わたしは今年は軽くクシャミが出るくらいで助かっています。
しかし、昨日は昼間は暖かかったが夜は寒くてマイッタが、今日は日が暮れても暖かいわね。
わたしはお風呂から出ると顔にパックをしながらラジオ体操とダンベル(金属ではなくソバガラの)をやるのだが、いつもは石油ストーブを点けても寒くて靴下を履きぎこちない動きの体操になるのだが、今日は暖かいので素足でやり、体の動きも調子良くダンベルも腕をぶんぶん振り回しまだまだやれるぞと余力があり気分爽快でした。
やはり、わたしは暖かいと気分好く過ごせるなあ。
早く暖かくな~れ。
a0006033_19544360.jpg

マープルの「殺人は容易だ」は面白くて文句なくすんなり楽しめたが、「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」は最後が過去の出来事でごちゃごちゃ入り乱れこのトロイ頭ではよく分からなかったが2回見てやっとそういうことかと納得できたわ。
このタイトルではトミーとタペンスのを見た覚えがあるのだが、こういう内容だったかしら。
ダルジール警視にアン・ブーリン。別のドラマでお馴染みの顔ぶれの出演もあり、モイラという名は森茉莉の「甘い蜜の部屋」を思い出させ。なんか別の意味で楽しめたなあ。
今日の「魔術の殺人」は明日のコーヒータイムにゆっくり見るわ。

by rampling | 2012-03-22 19:57 | 思ったこと

今日は朝からよく晴れているのでわたしの布団だけを外に干しHの布団は2階の陽の当たる所に広げています。
昨年までは多少の花粉でもあんなに顔を真っ赤にしてダダをこねることもなかったのだが、やはり年をとるとだんだん気難しくなり我慢が出来なくなるみたいね。
赤鬼みたいな顔をして怒ったので、気の強いわたしも少々怖気づいてしまったが、本当に花粉がイヤだったのでしょうね。
きもちは分かるが、ああいう獰猛な顔を妻に見せてはイケナイわね。忘れられないもの。(^.^)
他人のフリ見て我が身を正せというから、これからわたしは笑いながら怒ることにするわ。
笑うというより目に笑みを浮かべてということかな。

Hはヘロヘロ状態で只今戻りました。
a0006033_1411470.jpg


昨日のマープルの「ポケットにライ麦を」の中のナーサリーライム (童謡、わらべうた)は「6ペンスの唄を唄おうよ」が使われているらしいわね。
原作を読んでいればすぐ理解できたのだろうが、わたしは映像から入ったので、よく分からなかったわ。読んだのは「そして誰もいなくなった 」ぐらいで。それでクリスティ事典を調べてみたら載っていたの。

「6ペンスの唄を唄おうよ」

「ポケットにライ麦を入れて、6ペンスの唄を唄おうよ、24羽の黒ツグミが焼かれてパイの中。パイを切ると小鳥たちが歌い始めた。王様にお出しするにはぴったりの、お上品なお料理だったのでは?
王様は会計事務所でお金の勘定、王妃様は居間にいて、ハチミツつきのパンを食べ、メイドは庭で洗濯物を干していて、小鳥が一羽飛んで来て、メイドのお鼻をくちばしでちょんとつまんだよ。」
うーん。なるほどそういう事か。

今度のマープル。
声は藤田弓子さんで丸顔で真ん丸い大きな眼とコロンとした体格がジュリア・マッケンジーと似ているので違和感は無かったわね。(^.^)
音楽は前シリーズと同じね。
飛び跳ねるような調子の良い音楽も良いがシリーズが替ったんだから別な音楽を聞きたかったなあ。音楽は大切よ。
今シリーズはスラック警部が登場しないのがちょっとつまらないかな。
ニール警部はどこかで見た顔だなあと思っていたら映画「高慢と偏見」であんなのはダーシーじゃないとわたしがケチョンケチョンにけなした俳優さんだったの。
ここではなかなか良い味を出しているわね。
ポワロは4話だったがマープルは8話も放送されるのでまだまだあるぞ。なんだかうれしいなあ。
by rampling | 2012-03-20 13:59 | 思ったこと

わたしは土曜の朝に録画しておいたものをコーヒータイムにゆっくり見るのが楽しみだったんだけどね。
児玉清さんが亡くなってからは気の抜けたものになってしまったが、それでもまだまだ続くものと思っていたけど。
とても残念だわね。こういう番組は他にないでしょう。書評コーナーはともかく作家が登場する特集のゲストコーナーだけでも続けて欲しかったなあ。
最終回はアレもコレもで時間が足りなくて納得がいかなかったわ。20年を振り返るのに1時間じゃ無理でしょう。
何回かに分けてやってもらいたかったが、でも長い間楽しませてくれて有難う御座いました。

今日のボクらの時代は5年間の総集編なんていうからイヤだわこの番組も終わってしまうのかしらとアセったが、これは続くみたいで安心したわ。
わたしはトーク番組が好きでね。
欠かさず見ているのは「本番前@控え室」「ボクらの時代」「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」「ホンネ日和」「サワコの朝」ね。
「徹子の部屋」はもう飽きたわ。

ドラマは「最後から二番目の恋 」が面白いわね。
小泉今日子が好いわね。わたしは「センセイの鞄」で小泉今日子の魅力を再発見したのだが。なかなか芸達者になったわね。
「トンイ」も中だるみの視聴だったけどクムの登場でハラハラどきどき又波乱の展開が予想されて見逃せなくなってきたわ。

BS歴史館も面白いわね。
「源氏物語」「濱口梧陵の奇跡」「古代都市ポンペイ」などゲストの作家や学者たちの話がとても興味深くて引き込まれてしまうわね。
a0006033_13391841.gif
さあ、明日から待ちに待った「ミス・マープル」が始まるわ。嬉しいなあ。
さあ、今度のマープルはどんな切り口で楽しませてくれるのかしら。

マープルファンの皆さん。放送時間は夜遅くじゃなくて午後5時からですからね。お間違えなく。

NHKHPより。
BSプレミアム 2012年3月19日(月)「ポケットにライ麦を」
投資信託会社社長のレックス・フォーテスキューがオフィスで紅茶を飲んだ後に死亡。上着のポケットにはなぜかライ麦の粒がたくさん入っていた。捜査を開始したニール警部は自宅での朝食時に毒物を盛られた可能性を調べる。やがて浮気をしていたレックスの若い妻アデールが死体で見つかり、メイドのグラディスまでも殺される。グラディスを知るミス・マープルが駆けつけ、3人の死の状況が童謡の歌詞になぞらえていることに気づく。

BSプレミアム 2012年3月20日(火)「殺人は容易だ」
ミス・マープルは列車の中で老婦人ピンカートンに出会う。彼女は地元の村ウィッチウッドで起きた2人の不慮の死を殺人だと信じ、ロンドン警視庁に通報しに行くのだという。彼女以外は誰も殺人を疑っていないが、次の被害者になりそうな人物もわかると話す。しかし、列車を乗り換えるためミス・マープルと別れたピンカートンは、ロンドン警視庁にたどり着く前に命を落とす。ミス・マープルは事件の真相を求めてウィッチウッドへ。

BSプレミアム 2012年3月21日(水)「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」
ボビーは崖の上でひん死の男性を発見。息絶える前に残した言葉は「なぜ、エヴァンズに頼まなかったか?」。男性は事故死とされたが、最後の言葉が気になるボビーは幼なじみの令嬢フランキーと家族の友人ミス・マープルとともに謎解きを始める。3人は男性の持ち物のなかにサベッジ城に印の付いた地図を発見。ボビーはなにものかに命を狙われておびえるが、フランキーはひるまず城に乗り込む。

BSプレミアム 2012年3月22日(木)「魔術の殺人」
慈善事業に熱心なキャリー・ルイーズは3番目の夫ルイス・セロコールドとともに、自らの屋敷で不良少年たちの更生施設を運営していた。夜中に書斎が燃える出来事があり、ちょうど滞在していたキャリー・ルイーズの姉ルースは怪しい人影を目撃。ルースは妹の身を心配し、姉妹の旧知の友人ミス・マープルに調査を頼む。屋敷でキャリー・ルイーズの一家が不良少年たちに見せる劇の練習をするなか、ついに殺人事件が起きる。

BSプレミアム 2012年3月26日(月)「青いゼラニウム」
ミス・マープルは警視庁を引退した友人サー・ヘンリーに会いに行き、「青いゼラニウム」の殺人事件で誤った人物が死刑にされようとしている、と訴える。話は数か月前にさかのぼる。富豪プリチャードの妻メアリーは「青いゼラニウムは死を意味する」という占いにおびえていた。やがてメアリーは寝室で死体で見つかる。そして壁紙のピンクのゼラニウムが予告通り青く染まっていた! マープルが解き明かすメアリーの死の真相とは…?

BSプレミアム 2012年3月27日(火)「チムニーズ館の秘密」
ミス・マープルは亡くなったいとこの娘バージニアと彼女の実家であるチムニーズ館を訪問。バージニアに求婚中の政治家ローマックスが彼女の父ケイタラムに依頼し、そこでオーストリアの伯爵をもてなすのだ。伯爵がチムニーズ館を買い取りたいという話になり、バージニアの姉バンドルは反対。その日の夜中、警報が鳴り響き皆が寝室から飛び出してくるが、伯爵の姿がない。そのとき、銃声がとどろく…。

BSプレミアム 2012年3月28日(水)「蒼(あお)ざめた馬」
ミス・マープルの旧友ゴーマン神父は、死の床にあるデービス夫人の最後の懺悔(ざんげ)を聞き、「できるだけのことをする」と伝えて夫人を看取る。だがその帰り道、神父は何者かに殺される。そしてミス・マープルのもとに神父が亡くなる直前に投かんした手紙が届く。書かれていたのは9人の名前と聖書の黙示録の一節を示す文字だった…。ミス・マープルは神父の死の真相を明らかにする手がかりを探し、古い宿にたどり着く。

BSプレミアム 2012年3月29日(木)「鏡は横にひび割れて」
ハリウッドの大女優マリーナ・グレッグがセント・メアリ・ミード村の屋敷を買い取り、年下の映画監督の夫ジェイソンと共に引っ越してくる。マリーナはさっそくパーティーを開き、ミス・マープルら地元の人々も興味津々で集まってくる。特に大喜びなのはヘザーで、マリーナに紹介されると自分がいかに大ファンかを伝えていた。そのヘザーがカクテルを飲んだ後に死んでしまう。だがそのカクテルはマリーナが飲むはずのものだった。
by rampling | 2012-03-18 13:40 | 映画 ・ドラマ

花粉の季節はイヤね。

わたしはそんなにひどくはないのだが、この季節になるとHがダダをこねてうるさいの。

昨日は久し振りにすっきり晴れたのでお布団を干したら今朝Hは花粉でクシャミがすごくて眠れなかったよ。オレの布団は干さなくていいよと言う。
夏は夏で汗がすごいのに熱いから干さなくていいと言うし。まったく。

干さないと湿気でカビが生えちゃうわよと言うとカビでは死なないよ。とアホなことを言って。カビが一番恐いでしょうに。
誰のお陰で病気にならないで済んでいるのだ!このアホ!
薬だって貰ってきてるのに飲まないでこういう事を言うからアタマにくるのよね。飲んでから言いなさい。

このアホは先程宿泊碁会で熱海まで出掛けました。

明日のOB会のハイキングは直接そこから出掛けるとリュックを背負って行きました。
明日の予報は雨、雨、雨よと何度も言ってやりましたが、先週も雨で中止になっているのでどうしても行きたいようです。

でもこの季節、花粉が恐くてよくハイキングなんかに出掛けられるものよね。不思議ね。
多分明日はうなだれて帰ってくることでしょう。可愛そうに。(^.^)

a0006033_15443866.gif

追記。
Hから明日のハイキングは中止になった。明日は雨の中ウロウロできないので今日お土産に豆大福とお菓子を買ったとの電話がありました。
うん、それでよろしい。
by rampling | 2012-03-16 19:48 | 思ったこと

いろいろ忙しい。

今日は先週の血液検査の結果を聞きに病院へ行ってきたのだが、風が冷たくて寒かったわ。
ほんとに今日は晴れたり曇ったり訳の分からん天気ね。
結果は異常なしで良かったのだが。
今週は月曜日はもう60歳過ぎたからと保険の見直しの手続きをしたり昨日は銀行へ行きへそくりを年金定期にしたり、(これは全然知らなくてね。美容院でのオシャベリで知ったの。我が銀行で年金の受け取りをしていると金利が1.0%つくというのでこれはせねばと)そして今日は病院でしょ。
今日以後は古文書のリポートを完成させねばならないし。
19日からミスマープルが始まりこれはすべて録画して保存したいので現在録画してある番組をさっさと見て消去し容量を空けとかなくちゃならないしということで勉強とビデオの消化で忙しくなるわ。(^.^)
今日はホワイトデーなのでHからマカロンのお返しを受け取りました。
うふふ。チョコはわたしが食べたにせよ。お返しはもらわなくちゃね。
a0006033_1514249.jpg

by rampling | 2012-03-14 15:05 | 思ったこと

「芸能界男女さかさま歌合戦 カバソンバトル 」を見ていたら大和田伸也が桂銀淑の「すずめの涙」を歌っていたの。
桂銀淑はわたしの大好きな歌手でね。彼の歌はイマイチだったけど懐かしさで胸きゅんだったの。
十数年前に購入したカセットは毎年思い出しては聴いていたんだけど、そういえば今年はまだ聴いていなかったなあと。
このカセットももう古くそれにパソコンに曲も取り込めないのでアルバムを買いました。
それが今日届いたの。これは1999年製みたいね。
カセットは16曲だが、こちらは知らない曲も含め30曲入ってるの。
先程から読書するのも忘れ彼女の声を聴きながらボンヤリしていたのだが、そろそろHが卓球から戻る時間だわ。
しかし彼女は今どうしているのかしら。
a0006033_22291512.jpg

すずめの涙

by rampling | 2012-03-10 22:30 | 音楽

しかし、淋しさは罪ね。

昨日「一生 付き合おうね」という言葉に感激した様子の60歳の女性のブログを読んだ。
ほ~、60歳になってもこんなウソくさい言葉にぐっとくる人がいるのかと驚いた。
そういえばわたしも40代ぐらいまではぐっときたかなあ。
きっとあの頃は淋しかったのだろう。
60歳過ぎた今はこういう言葉を軽く口に出す人間は逆に軽蔑してしまうのだが。
こういう言葉は胸の奥にひっそりとたたんでしまっておいてもらいたいわね。
口に出した途端にウソくさくなるんだから。

しかし女の人はこういうウソくさい誓いの言葉を言ったり聞いたりするのが好きね。
わたしの側にもこういう言葉を恥ずかしげも無くツラツラ発する女性がいるのよ。
そういうときわたしは黙ってただ笑ってやり過ごすんだけどね。

自分のきもちさえアテにならぬのにましてや他人のきもちなんてねえ。
こういう言葉で互いに縛りあうことは止めた方が好いわね。

言った方はすぐ忘れるが言われた方はずーっと期待しつづけるものなのよ。気の毒に。
口にしたばかりに破綻してしまう友情のなんと多いことか。
こんな感傷的な言葉よりも意思の伴った確かな行為に感激してもらいたいわね。

by rampling | 2012-03-09 13:08 | 思ったこと