人気ブログランキング |

代理出産を公表するのを止めまあ順当なラストだと思っていたら柴田理恵扮する中年助産婦が正義の名を借りて余計なことをしてくれました。
正義なんてその時代時代でコロコロ替わるのにね。
このオバサンは見識は一応あるが見ていてなんか胡散臭いところもあるのよね。
長年苦楽を共にしてマリアクリニックの院長を支えてきた自負はあるが仕事にしか相手にしてもらえない淋しさもあるところからみどりさんに対しても同じ女性として複雑な想いを抱いている。
そういうところからも小さな悪意というものは生まれてくるのよね。

先生が突然亡くなってしまいみどりさんが号泣するシーンではわたしも泣いてしまったわ。
先生は手術前にみどりさんのお見舞いに来て彼女の手をぎゅっと握ったのはあの顔付きからして先の長くない自分自身の命の期限を予想していたのかしら。
「自分にはためらったり、もったいぶったりしている時間は無い。あなたが好きなんです。」とみどりさんに迫った先生のきもちは、いまさらなあと恋をすることに億劫になっているわたしにもいろいろ考えさせられるモンダイね。
いずれ病を得てまちがいなく死んでいく身とすれば、浮気だのナンだのと騒がれずにHもわたしも最後の恋ぐらいは許されるのではないかとも考えるが、淋しいことに相手がいないわね。
これは命をテーマにしたドラマではあったが、わたしはあくまでも登場人物たちの心の動きの方に興味が行ったドラマでした。
a0006033_1551980.gif

by rampling | 2011-05-27 15:07 | 映画 ・ドラマ

長門裕之さん。

児玉清さんが亡くなったと思ったら今度は長門裕之さんが逝ってしまった。
テレビの画面を通して親しみを感じていた人生の先輩達が次々に亡くなってしまって、淋しいというか、なんだかやるせないわね。
皆さんそういう年齢になってしまったのだということかしらね。
しかし、人の訃報を聞く度に自分の人生の残り時間を考えさせられてしまうわね。
時間はともかく悔いのないように毎日を楽しんで生きなくちゃね。
いつポックリいくか分からないのが人の命というからね。

by rampling | 2011-05-23 16:16 | 思ったこと

児玉清さん。

今朝5時頃目が覚めて、起きるのはまだ早いなあとそのまま布団の中からテレビをつけると児玉清さんの訃報のニュースが流れていた。
胃ガンで亡くなったらしい。
やはりなあと思った。

今年に入ってからだと思うがナニ気なく「アタック25」を見たのだが、痩せてすっかり面変わりした児玉さんが司会をしていてその変わり様に驚きその時にあの急激な痩せ方はガンかもしれないなあと思っていた。

わたしはBSプレミアムになって放送時間が替わるまでは土曜の朝は毎週週刊ブックレビューを見ていたので児玉清さんといえばアタック25よりも週刊ブックレビューの方が馴染みがあるのだが。

本当に彼は本が好きで彼の司会の時は個々の書評を聞きながら「そうそう」と身を乗り出して嬉しそうに楽しそうにオシャベリしていてそういう彼の姿を見ていてこちらも楽しくなり一体感を感じながら番組を楽しんでいたのだが。

昨年だったかな。NHKのスタジオパークかなんかに出演していて彼の家の書庫を撮影した映像を見てその膨大な本の数に驚いたのだが。
今思うにああ、あの時の元気な彼を録画して置けば良かったなあと非常に残念に思う。
そんなこんなを布団の中で考えながらテレビに映る在りし日の元気な彼の映像を見ていたら涙が出てきた。

しかし、昨年まではあんなに元気だった人が。
人の命は分からないものだなあとつくづく思う。

a0006033_16424839.jpg

追記。
もしかしたらダビングしているかもとダビングケースを探してみたら、嬉しいことにありました。
今年の2月5日のライブ映像で信じられないくらい元気でした。
だからこの直後から急激に具合が悪くなったということですね。
ご冥福をお祈り致します。

a0006033_166392.jpg


a0006033_1664855.jpg


a0006033_167324.jpg


a0006033_1671480.jpg


a0006033_1672518.jpg

by rampling | 2011-05-18 16:44 | テレビ番組

BSプレミアムの「トンイ」
BSフジの「三国志」
NHKの「マドンナ・ヴェルデ」
AXNミステリーの「判事ジョン・デードの聖戦」
LaLaテレビの「クランフォード」
BSドラマはイサンが終ってトンイが始まったけど、今のところ面白いわね。
イ・ビョンフン 監督作品ではチャングムとホジュンは最後まで面白く見ることができたのだが、イサンは最初の方は面白かったが、だんだんつまらなくなり見るのを止めてしまったの。
トンイもそうなるのか不安だわ。
a0006033_1574696.gif

追記。
もうがっかりしちゃった。
三国志は月曜夜6時からの放送で、その時間は忙しいので録画しておき一段落してから見るのだが、今日もさあ見ましょうと今再生ナビをみたら三国志が見当たらないの。
アレ変だなと夕刊の番組表をみると「善徳女王」になってるの。
早速BSフジの番組検索で三国志を見てみると第18話。呂布の死(最終話)となっていた。
わたしは毎週録画するように設定していたので、番組表なんか一々チェックしなかったのだが。
不覚だったわ。
でもこんな中途半端な終り方ってある。
こんなに夢中にさせといて。
サイトを見てみると95話まであるみたいよ。
まあ、確かに全話放送するのは無理だと思うが。
あ~あ。つまんない。
またいつかぜひ続きを放送して欲しいなあ。

by rampling | 2011-05-16 19:53 | 映画 ・ドラマ

陳宮。

毎週楽しみに見ているBSフジの「三国志」
将軍達の裏切りによりとうとう呂布は曹操に捕まり共に軍師陳宮も捕らえられてしまったのだが、曹操は彼を裏切った陳宮に君を殺すのはしのびない。我が軍に入り力をかしてくれと迫る。
だが陳宮は曹操を指差し「この男は恩人を殺した狡猾な恥知らずだ」と皆の前で罵る。
曹操は「罵られても痛くも痒くもない。公台殿(陳宮)の話はもっともだ。罵ってくれ、気が済んだら酒を飲もう」と最後まで礼を尽くす。
だが結局陳宮は斬首台に向かうことを選択するのだが。
二人が互いの思いの丈を語る最後のシーンがとても好くてね、見入ってしまったの。
曹操がこれまで礼を尽くす陳宮とは一体どういう男なのかと興味を持ち吉川永青さんの「戯史三国志 我が糸は誰を操る」を買ってしまったわ。
a0006033_17433914.jpg


今日HはOB会のハイキングへ出掛けましたので写真を載せておきます。
コースは横須賀駅→ヴェルニー公園・護衛艦や潜水艦を眺めながら→三笠公園へ三笠記念館見学→うみかぜ公園で昼食・休憩→国道横断→福祉大前→商店街→中央公園→どぶ板通り→横須賀駅
a0006033_17441518.jpg
a0006033_17442574.jpg
a0006033_17443693.jpg
a0006033_17444699.jpg
a0006033_17445939.jpg
a0006033_1745850.jpg
a0006033_17451729.jpg
a0006033_17452671.jpg
a0006033_17453727.jpg
a0006033_17454973.jpg
a0006033_1746187.jpg
a0006033_17461350.jpg
a0006033_17462596.jpg
a0006033_17464166.jpg
a0006033_17465337.jpg
a0006033_17471195.jpg
a0006033_17472182.jpg

by rampling | 2011-05-14 17:48 |

年をとると

早く目が覚めて寝ていられないというがHはゴールデンウイークあたりからやたら早起きになっちゃって、朝風呂に入り、その後頼みもしないのに朝食の用意をしてくれてわたしが時間通りに下に下りて行くと「おはよう」じゃなくて「おそよう」なんて言いやがるの。
わたしが起きるのは5時半よ。
なにがおそようよ。
確かにHが勤めていた頃は4時半起きだったが、退職してからはそんなに早起きすることもないなあと5時半にしたの。
ご飯の用意が出来ているのは嬉しいが、勝手に早起きしてオマエは遅いなあなんて顔されるとなんか腹が立つわ。
Hも今月誕生日が来ると65歳になり前期高齢者だものね。
立派なオジイサンだわ。
早く起きるのはしょうがないか。
腹を立てるよりは感謝をした方が好いのかもね。

このところBSプレミアムの時代劇が面白くて見ているのだが、この間は「十一人の侍」を見て今日は「関の弥太っぺ」を見ていたんだけどこれは女心にキュンとくる内容だなあと思って検索してみたら、なんとわたしの大好きな沓掛時次郎と同じく長谷川伸の原作だったの。
どうりでね。
とっても好かったわ。
わたしは時代劇といえば「沓掛時次郎」が大好きでね、映画では中村錦之助 、市川雷蔵主演のをテレビでは大川橋蔵のを見てるの。
いずれも好くてね。
BSプレミアムでも放送してくれないかしら。
何度でも見たいわ。
十一人の侍も好かった。

BSプレミアム映画案内より。

「十一人の侍」

館林藩主・松平斉厚の短気から、忍藩主・阿部正由が殺された。忍藩家老の榊原帯刀は、老中水野越前守に訴状を届けるが、斉厚が将軍の弟であることから逆に阿部正由の非とされ藩の取りつぶしに追い込まれる。主君の敵を討つべく、帯刀より密命を受けた仙石隼人以下11人の暗殺隊は、日光街道を行く斉厚一行の大名行列に壮絶な闘いを仕掛ける…。「十三人の刺客」「大殺陣」の工藤栄一監督による集団アクション時代劇。

「関の彌太ッぺ」

関の彌太ッぺは、十年前に生き別れた妹を探して旅から旅の途中、ふとしたことから出会った孤児の少女お小夜に妹の面影をみいだし、彼女の実家に送り届ける。それから十年、名もつげずに去った彼を恩人として探すお小夜一家に偽者が入り込み、一家を苦しめていることを知った彌太ッぺは、再び彼女の幸せのため体を張る。旅がらすの哀歓を描いた珠玉の股旅ロマン。長谷川伸原作の数多い名作映画のなかでも群をぬく一編。

by rampling | 2011-05-12 15:54 | 映画 ・ドラマ

「こころ旅」

先週新聞のBSテレビ欄を見ていると「こころ旅」というのが載っていた。
むかしBSで「心の旅」というのがあったでしょう。
オオまた始まったのかと見てみたら、火野正平が視聴者から寄せられる「忘れられない風景」の手紙をもとに京都から北海道を目指して自転車で旅をするという内容の番組だったのだが、これがまたじっくりした良い番組でね、それから毎日楽しみに見るようになったの。
連休中もこれまでの旅の再放送をやっていたわね。
周りの風景を見ながらぶつぶつつぶやいたり、天気模様にボヤいたり、この独り言が好いのよね。
町の人々になんやかや言われても余計なことは言わずニコニコ笑いながら平気な顔して「じゃーなー」なんて。
しかし、NHKがよく女たらしで有名だった彼を使う気になったわね。
火野正平って私と同年代でいろいろあったと思うけどつき物が落ちたのか(^-^)無邪気な好い顔になったわね。

庭の様子。
a0006033_1555858.jpg


a0006033_1561685.jpg


a0006033_1563393.jpg


a0006033_1565158.jpg


a0006033_15284027.jpg


a0006033_7401177.jpg


a0006033_1571618.jpg


a0006033_1573085.jpg


a0006033_1574078.jpg


a0006033_15211344.jpg

by rampling | 2011-05-06 12:35 | テレビ番組

代理出産じゃないかと怪しむ清川医師の質問にバレてはならじと強い意志で堂々とウソを突き通す愚かな母親に同情して代理出産の理解も納得もできないまま先生も共犯者となる覚悟を決めウソの後押しをするのだが。
そういう二人に対してこの娘はどこまでも自分勝手でさほど感謝のきもちも見せず。
しかしこの娘にはナニかが欠けてるね。
初回を見た時からこの娘はアタマでっかちで情感に乏しく冷たい利己的な人間だと思っていたが。
しかし、母親と先生の見事なお芝居も清川医師にはなにもかもお見通しで娘本人も本当に赤ちゃんが欲しいという素朴な願望かそれとも医師としての挑戦なのかと本心を問われることになるのだが。
しかし代理出産が良いか悪いかはどうしても子供を欲しいと思ったことがないわたしにとってはよく分からない問題で意見を述べる資格は無いように思うが、生きる姿勢として無理やり他人を巻き込み(この場合は母親だが)自分の思いを遂げるような生き方には賛成できないなあ。
成せば成るというようなごり押しの姿勢も大切ではあろうがいくら頑張っても出来ないことはある。
成らぬことにいつまでも拘らず、さらっと諦め今在る自分に感謝をして進路変更して生きていく姿勢も大切だと思うけどね。

by rampling | 2011-05-04 13:45 | 映画 ・ドラマ

「夕陽のギャングたち」

ゴーデンウイークと言ってもなあんも関係ありませんと毎年同じ事を書いています。
地震が起こる前には4月に韓国に行こうかとHと話し合っていましたが、その気が無くなりその状態は今でも続いています。
これからどんどん暑くなっていくしますます出掛けるのもおっくうになるのでおそらく秋まではこういう状態でしょう。
わたしのゴーデンウイークはどんどん難しくなっていく古文書の勉強をしたり、ビデオを見たり、ジェシカおばさんのDVDを見たり、図書館で借りてきた本を読んだりしています。

今日はBSプレミアムで放送されたジェームス・コバーンの「夕陽のギャングたち」と「大いなる決闘」を見てました。
若い頃は主人公の二枚目俳優ばかりに視線が行ってしまってリチャード・ウイドマークやジェームス・コバーンなんかは単なる悪役としか見えていなかったけど今見るとシブイ好い男よね。
夕陽のギャングたちのジェームス・コバーンの登場の仕方が格好良くてシビれちゃったわ。
どんな汚れ役でも彼は品があるのね。
a0006033_1532915.jpg
a0006033_15321968.jpg
a0006033_15322931.jpg
a0006033_15323849.jpg


BSプレミアムの映画解説より。
「夕陽のギャングたち」
マカロニ・ウエスタンの第一人者セルジオ・レオーネが、「ウエスタン」に続いて手がけた西部劇大作。動乱のメキシコ。陽気な山賊の首領ファンは、ある時アイルランドから逃れてきた革命の闘士ジョンと出会い意気投合。二人で銀行を襲うが、そこには金のかわりに政治犯が監禁されており、一躍革命の英雄になってしまう。男同士の友情が豪快かつ哀愁たっぷりに描かれ、エンニオ・モリコーネの甘美な音楽も魅力。

「大いなる決闘」
チャールトン・ヘストンとジェームズ・コバーンの二大名優共演で、引退したもと保安官とその保安官への復しゅうに燃える脱獄犯の対決を描く西部劇。娘とふたりで隠居生活を送っていたサム・バーゲードは、かつて彼が逮捕した凶悪犯、プロボが仲間とともに脱獄したと知る。狙いは自分の命だと確信したバーゲードは、ワナを仕掛けプロボを待ち受けるが・・・

by rampling | 2011-05-02 15:17 | 映画 ・ドラマ

フィギュア世界選手権。

フィギュア世界選手権女子も終りました。
安藤美姫1位。
キム・ヨナ2位。
コストナー3位。
レオノワ4位。
シズニー5位。
浅田真央6位。
村上佳菜子8位。
わたしの贔屓の女子選手のマカロワは7位。
ゲデバニシビリは10位。
レイチェル・フラットは12位。
シンシア・パヌーフは13位。

前に棒きれが演技しているみたいと言っていた美姫ちゃん、真央ちゃんだが、今回見ていて表情が良く情感が感じられてとても好かった。
でもわたしは二人共ショートの演技の方が強く印象に残ったわ。
真央ちゃんの衣装はナンダ!と思ったけど、演技は良かった。
美姫ちゃんなんかうっとりして見ていたわ。
シンシア・ファヌーフもゲデバニシビリもショートが良かった。
キムヨナのショートはあまり感動の無いまま終ってしまって、なんであの得点なのと不思議に思ったけどね。
フリーは良かったがそれでも下位の選手とあまり差がない感じがしたわ。
まあ、こちとら素人だから細かいことは分からないけど。
しかし、佳菜子ちゃんとマカロワは元気一杯の演技で見ていて気持ちが好かった。
二人共顔が可愛くて性格も素直そうで好いわね。
まだ若いからかしら。
さあ、今日はエキシビションを楽しみましょう。
a0006033_16543493.gif

おとといはお隣さんから竹の子を貰い昨日はHの通う卓球クラブの人からまた竹の子を貰いまあ、どうしましょう。
我が家は二人きりだから食べきれないの。
今日のお昼は竹の子ご飯を作りました。
我が家の竹の子ご飯はニンジンも入ってます。
a0006033_16513665.jpg

by rampling | 2011-05-01 16:55 | フィギュアスケート