イジメについて。

午前中は美容院でカットをして、帰りにケーキ店に寄りケーキを買ってきたから今そのケーキを食べ、この間CDに焼き付けたお気に入りの曲をBGMにこの日記を書いてるのよ。
まったく、このカットがさ、短く切り過ぎちゃってドングリみたいなのよ。
あーあ、またHに笑われちゃうよ。

いつも言うようにさ、寒い日は暖かい部屋でのんびりくつろぐのがイチバンね。
チャーちゃんだってこんな風にくつろいでいるよ。わたしのスリッパで遊んでいてさ、飽きちゃったらこうよ。
a0006033_15114592.jpg


さて、年賀状も裏面印刷は済んだし、後は宛て名の印刷だけど、喪中のハガキが2、3枚きているが、まだ来るかもしれないから来週にするつもり。
a0006033_15132897.jpg

今年最後になるだろう草むしりもお天気の昨日にやり、今日のゴミの日に出したし、後は大掃除ね。コレもいつも通り早めに済まし、のんびりしようぜというところ。

しかし、このところずーっとイジメのニュースが続いていて、嫌になっちゃったね。わたしゃこんなニュースはもう見たくないね。ウンザリよ。

しかし、この世の中しあわせじゃない子が増えているのかね。
しあわせが実感されていればイジメなんか考えもしないだろうしね。

しかし、物質的にはお金もモノも私たちの子供の頃と比べたら有り余る程あって十分満たされているはずだけどね。

わたしはしあわせは心の落ち着きだと思っているんだけどさ。この頃はホント落ち着きのない子が多いね。

足ることを知らず、感謝の心も無く、絶えず欲求不満で、心がガサガサ、ワサワサしているんだろうね。で、そのいらついた心を人のアラ捜しや意地悪でウサを晴らしているんだろうね。

ノリでからかってるつもりなんだろうが、それがしつこく繰り返されるとつらいよね。

しかし、この頃の子供は自尊心というものが無いのかね。
イジメなんて陰湿な暗い情熱よ。そんなことをやっている自分の醜い姿を目の前に見せられたらこういうことは出来ないだろうね。恥ずかしくてさ。

こんなことは自尊心が無いからできることだよね。少しはそういう自分の醜い姿を想像してみろよと言いたくなるけど、この頃の子供は本も読まないから、想像力も無いしね。

本も読まず、勉強もせず、目的も無くつるんではくだらないことを繰り返す。
まったく情けないね。

ま、いじめられる子を救うことも大切だけど問題はいじめる子の意識改革だよね。家庭の問題だね。
家庭で一人を多数でないがしろにするのは卑怯で人間として恥ずかしいことなんだということをとことん教えこまなくてはね。

それにしてもイジめられる方も簡単に死ぬ、死ぬとよく言うね。
なんかどっちも暗いね。ホント暗い心だわ。タメイキが出るね。
まったく。もっと爽やかに生きろよ!と言いたいね。

ところでまたまたBSでポワロとミス・マープルが放送されるね。ポワロの新シリーズは暗い色調で軽さが無くてイヤだという御仁がいるけど、わたしはこちらの方が好きね。この暗い色調がじっくり落ち着いていて好いのよ。

ミス・マープルも俳優陣が替わりどんなミス・マープルを見せてくれるのかものすごく楽しみ。
ジョーン・ヒックソンのとじっくり見比べて見ようっと。


a0006033_15475271.jpg

by rampling | 2006-11-30 15:15 | 思ったこと

行く前に主治医から母がタンを喉に詰まらせ呼吸不全になったので喉を切開する緊急手術を行うとの連絡が入っていたので、大丈夫かなと心配していたのだが、意外と元気で顔色も良く意識もはっきりしていて、わたしの顔を見ると嬉しそうにニッコリ笑うので安心する。

ただ主治医から喉の周囲になにかできているようなので検査をしたいがよろしいかと打診されるが、異常が見つかったとして完全に治るのなら、手術をして欲しいが、年が年ゆえあまり無理なことはしたくないので後は先生の判断に任せると伝える。

母は喉を切開したので声を出すことが出来ずにわたしからの一方的なオシャベリになる。それでもわたしのオシャベリに反応し、笑ったり、出ない声を出そうとするので、喉がゴロゴロしてタンが詰まったようになるので、ヒヤヒヤする。

でも前は鼻からタンを吸い上げていてとても苦しそうだったのだが、今度は切開した喉から直接にタンを吸い出すので、苦しさは無いようだが、それでも声を失ったことを考えると可哀想で心が沈む。
前回は一緒に歌を歌うこともできたのに。

しかし、いつ行っても母は与えられた運命を淡々と生きているように見える。毎回わたしの顔を見ると嬉しそうに笑い、「じゃ、帰るね」と言うと、素直な顔で「うん」と頷く。淋しそうな顔や悲しそうな顔は無い。

わたしが19の時に母は再婚し、わたしはそれを期に家を離れ、それ以来帰省することもなく、ずーーと離れて互いの人生をそれぞれに生きてきた親子ゆえ、しょうがないという諦めの気持が身についているのか知らぬがベタベタした甘えは無い。

じゃ、また1月に来るからねと病室を後にする。

病院からの帰りにタクシーの中から見た大通り公園のクリスマスイルミネーションの一部。華やかで綺麗だった。降りてじっくり見て見たかったが、なんだか疲れちゃって。
a0006033_13425370.jpg
a0006033_1343743.jpg


帰宅するとアマゾンから本が届いていた。
ケイト・グリーナウェイの本3冊と米原万理の『打ちのめされるようなすごい本』
a0006033_1344863.jpg
a0006033_13443482.jpg
a0006033_13451447.jpg
a0006033_13453199.jpg
a0006033_1346247.jpg
a0006033_13461872.jpg
a0006033_13471392.jpg
a0006033_13473626.jpg
a0006033_13475366.jpg
a0006033_13481181.jpg
a0006033_13482788.jpg
a0006033_13484749.jpg
a0006033_1349620.jpg
a0006033_13492479.jpg
a0006033_13495414.jpg
a0006033_1350273.jpg

a0006033_1354775.jpg

by rampling | 2006-11-26 13:54 | 思ったこと

今日は暗くて寒い日ね。

Hは卓球の試合で留守。
わたしはぬくぬく暖かい部屋でのんびりしている。

昨日は『田辺聖子の世界展』へ行ってきた。
a0006033_11285967.jpg


聖子さんの習作時代の原稿や愛用品、これまで集めてきた人形や縫いぐるみ、バッグ、ガラス瓶、飛び出し絵本、ドールハウス等その他数々のコレクションが展示されていた。
テレビの『徹子の部屋』で展示品の一部を見ていたんだけど、アンティークドールがウチのエミリーちゃんぐらいの大きさかなと思っていたけど意外に小さくて驚いた。

しかし、わたしのお供はHだからね。展示物を見て「フーン、なるほど」なんて思いに浸るなんてことも許されず、チャッチャカ前に進め!てな感じでの鑑賞でしょ。どーもね。
でも田舎モンのわたしだからね。一人で行くのはなんだか心もとなくてさ。
a0006033_11292042.jpg
a0006033_11293457.jpg

わたしは聖子さんの本はたいがい持っていると思っていたけど、この恋する罪びとは持っていなかったよ。
a0006033_11294711.jpg

素敵なカレンダーもあったの。
a0006033_1130615.jpg

a0006033_11305255.jpg
a0006033_1131482.jpg
a0006033_11312058.jpg
a0006033_11313779.jpg
a0006033_11315183.jpg
a0006033_1132840.jpg

文句を言いながらもHにとってはなんら興味のない展示会に一緒に行ってくれたんだからね。感謝してるよ。
でも展示会場を出たとたんに「まったくバアさんばっかりか」なんてのたまうの。確かに60代、70代の女性が多かったけどね。でもその言い方は失礼よね。日本の男って神経がザツだからね。
まったく。年齢じゃないべ。中味だろうが。いくら年を取っても聖子さんファンは乙女チックな可愛らしい心を失っていないのよ。わたしを見てみいな。

ま、せっかく三越まで行ったのだが、イラチのHがお供ではショッピングも出来ず、食事をしてすぐ帰宅したのよ。ま、猫たちも待っているしね。
by rampling | 2006-11-19 11:34 | 思ったこと

昨日と今日は涙が出てないの。不思議ね。
まったくさー。火曜日は町田までショッピングへ行って来たんだけど、涙目で化粧はくずれ、冴えない顔をしているから何を着てもなんかイマイチ似合わないのよね。ま、それでも結構買ってきたんだけどさ。わたしも一応女だからね。なんだかせつないね。

そして金曜日は血液検査の結果を聞きに病院へ。このところ総コレストロール値が高いので今回の検査結果で薬を飲むか、飲まないかを判断するつもりだったのだが、総コレストロール値は下がり、悪玉ちゃんも減っていて、善玉ちゃんが増えているとのことで、今回は薬を飲むのは控えましょうとのこと。好かったわ。薬が増えるのは邪魔くさいものね。

昨日は、ジャスコ内のジャスベルで札幌の母のところへ行くチケットを予約し、買い物を済まし、周年祭お楽しみ抽選券をもらったので抽選会場へ。
なんと11枚全部ハズレでジュースとお茶の11缶、それにポテトチップスが一袋これはオマケかな。まったく。我うなだれて帰りぬよ。

今日はHが留守の間に頼んでおいた雑誌収納ラックが届いたんだけど、わたしはコレは完成品なのかと思っていたらなんの自分で組み立てるモノだったのよ。Hに手伝ってもらって組み立てたんだけど、組み立ての順序を間違えたり、扉の取り付け金具を逆に付けてしまったり、その度にまたネジを外してやり直すということで、もともと面倒くさがりのHはイライラ癇癪を起こすしさ、いいよいいよわたしがネジを外すからさ、アンタは少し休んでいてよとなだめすかしやっと完成したのよ。疲れちゃったわ。まったく。1万円じゃ安いわと注文したんだけど、今度は完成品かどうかちゃんと確かめなくちゃね。

わたしの本棚は人形ケースを兼ねているので、すぐ一杯になってしまうのよ。

a0006033_1631244.jpg

本当はもう一つ欲しいんだけどさ、Hがウルサイからそれでスリムなコレだったら良いかなと鬼の居ぬ間に注文したのよ。事後承諾という事でね。
それが彼に手伝ってもらうことになっちゃってさ。甘かったわ。
でもコレ赤くて可愛いでしょう。
a0006033_16393010.jpg

ブライスちゃんのマグカップ。これも可愛いでしょう。
a0006033_16394899.jpg


ま、そんなこんなでうろうろ過ごしております。
by rampling | 2006-11-12 16:41 | 思ったこと

わたしは彼が居ようが居なかろうが、早寝早起きで、午前中は体をせっせと動かしヤルべきことはやり、午後からはやり残した家事を済まし、後はのんびりと趣味に明け暮れるいつもと変りない日常を淡々とやり過ごし一日は過ぎていくという感じね。
でも朝起きて「お早う」とか「今日は寒いね」とか、夜寝る時に「じゃお休みね」とか言う相手がいないのは淋しいね。
でも、仕事だから淋しいと言ってもしょうがないけどね。

Hも本当は9月で定年の予定だったのだが、浮世のしがらみでそうもいかずに来年の9月まで勤めるみたいよ。わたしとの約束は来年の3月までだったのだが、また延びたのよ。アタマにきてさ「アンタの健康はギリギリのところまで来ているのよ。このまま行くと「死ぬ」か倒れて「半身不随」になるかのどちらかよ!お勤めしている限り夜のお付き合いからは開放されないんだから。自分の命と仕事とどちらが大切なのよ。」と言ってやったの。するとオレだってこれ以上は勤める気はないよ。とハッキリ確約したので、その日を待つことにしてゴタゴタ言うのは止めにしたのよ。しょうがないね。その日までワタシまーつーわ♪♪

しかし、この頃昼間は暖かいけど朝晩は寒いね。でもわたしは寒がりだからオコタも石油ストーブも出し快適だよ。
しかし、涙目はイヤね。前は冬場の寒い時や、風の強い日に限って出ていたんだけど、この頃は夏を除いて春、秋、冬と連日涙流しているのよ。老化かね。目尻の涙は乾くとガビガビでさ。拭うと痛いのよ。赤くなっちゃってさ。なんか情けない感じよ。
涙目の手術もあるらしいんだけど。目だから恐いしね。

さてと、年賀状も届いたし、そろそろ画像を決めて印刷しなくちゃね。
来年のカレンダーはすでに用意できてるし、手帳や、日記帳にするノートも昨日届いたし。
これはノート。
a0006033_16381186.jpg

これは手帳よ。
a0006033_16383065.jpg

この中には4冊のメモ帳というか手帳が入っているの。
a0006033_16384994.jpg

これはブライスちゃんのよ。可愛いでしょう。
a0006033_1639811.jpg

レースを巻きつけただけのドレス(^^)
a0006033_1640237.jpg

これらの洋服はバービーちゃんのよ。ドレスやパンツはちょっと長いけど、後はピッタリよ。

a0006033_16401716.jpg
a0006033_16403436.jpg
a0006033_16404991.jpg
a0006033_16405959.jpg

今年も例年通り大掃除もチョコチョコ早めに済まし年末はゆっくりするつもり。
by rampling | 2006-11-05 16:43 | 思ったこと