人気ブログランキング |

大つごもりか。


お墓のお掃除も買い物も昨日のうちに済ましたのだが、夕方Hの卓球仲間が貰い物だからとカニ、鮭、干物を持ってきてくれる。

うーーん、遅かりし由良之助、カニは買ってきてしまったのだ。

でも、サクラもチャーもカニが大好きなので今回は思う存分食することができるので嬉しいだろう。

カニが嫌いなミミはマグロのおさしみで。コロは鶏のから揚げで。

親子6人で美味しく食べようね。

そして今日。午前中、Hはヤフーの『碁』を、わたしは届いたオモチのつき具合を確かめるべく味見をしながら、録画しておいた《朝まで生つるべ》を見て笑いころげゆっくりしていた。

昼食後メールチェックをするとアマゾンからのメールで「CD,DVD最大50%OFF」とある。

これはと思いチエックしてみると、なんとクリント・イーストウッドの《夕陽のガンマン》
《続夕陽のガンマン》と《荒野の七人》の3枚組み6237円が3929円とある。
これは買わずにいられようかと即購入。

今週はBSでクリント・イーストウッドの特集をやっていて毎日見ているのだが、夕陽のガンマンはなかなか放映しないのね。

わたしはコレが好きでね。音楽もいいし、何回見ても飽きないの。
只気になるのはどこでもツバをペッペッ吐き散らすでしょう。アレはいただけないわね。

ペールライダーも、アウトローも好き。これも見る度カッコいい。

さー、届くのを楽しみにお正月を迎えましょう。

お正月の準備もHはお節は嫌いなのでわたしの分だけ用意して。
これは夕方でOKだし。

雪も雨に変わり、なにやら風も出てきたし 、寒いからもう少しゆっくりしていよう。
by rampling | 2004-12-31 14:32 | 思ったこと

さて。


年賀状も出したし、大掃除も済んでる。

残るは買い物とお墓掃除。

お墓掃除は晴れてくれないと困るなー。

しかし、今日はかなり寒い。いきなりの寒さである。

こんな暗くて寒い日は、暖かい部屋で熱いお茶を啜り、ぼんやりテレビを見ながら行く年来る年に思いを馳せるのが好いと朝からのんびり過ごしている。

お正月を迎えると、わたしも56歳。60歳にまた一歩近づいたわけだ。

60歳までにやっておきたい事か。

今年の日記帳を読み返し、さて来年の目標はと考えるのだが。

しかし、毎年目標は立てるのだが、なかなか思うように進まないのが常というか……
by rampling | 2004-12-29 15:31 | 思ったこと

楽しいひとときだった。



録画しておいた『井上陽水 空想ハイウェイ 』を観る。

テーマはトリビュート。

平原綾香 《心もよう》

持田香織《いつのまにか少女は》

一青窈《ジェラシー》


布袋寅泰 《東へ西へ》

小野リサ《いっそセレナーデ》

UA《傘がない》
忌野清四郎《少年時代》

奥田民生《リバーサイドホテル》

森田童子の歌うような暗くて淋しいメロディーが多く、しんみり聴いていたのだが、奥田民生の《リバーサイドホテル》は演奏が素晴らしくてついつい椅子から立ち上がり曲に合わせ踊ってしまった。

「みんな夢でありました 」森田童子



これらの曲をひとつにまとめ陽水のトリビュート版としてリリースされるといいのになと思い、いや、もしかしたらとアマゾンで検索したら嬉しいことにあるじゃないの。早速購入した。

布袋寅泰 のオシャベリの時にちょっとだけ流れた曲。前にNHK教育の番組に出演した時にも演奏された曲なんだけど、あれは何という曲なのかな。とても好い曲で欲しかったのだが曲名がわからないんじゃしょうがないので今回はパスしたが。

あーあ、それにしても楽しいひとときだった。
by rampling | 2004-12-27 16:19 | 音楽



しかし、今年のクリスマスもイヴにHが買ってきてくれた
キース・マンハッタンのケーキを食べただけ。

子供も無く孫も無く、洒落たセンスの全くないHとでは
毎年このようなクリスマスなのである。

二人でお芝居を観たり、コンサートへも出かけたい。
映画だっていいじゃない。

それなのに「そんなのオレ興味無い!」の一言でお終い。

せっかく誘っているのに、そんなことばかり言ってると定年に
なったら相手をしてやらないぞ!

しかし、《冬のソナタ》のユジン。

結婚を決めてからも浮かぬ顔で、周りの言葉に左右され、あっちへ
ふらふら、こっちへふらふら。これじゃ、相手の男だって心が
決まらないじゃないの。

もっとしっかりせいよ!
by rampling | 2004-12-26 14:48 | 映画 ・ドラマ

今日は朝から大掃除。


今年のお正月休みは30,31,1,2,3とたったの5日間しかなく年末はお買い物やお墓のお掃除で忙しくなるので、今日は朝から大掃除をする。

Hは外周りとガラス磨き。わたしは室内を。

家具をどかし、いつもは手を抜いている部屋の隅々をきれいに掃除する。

ガタガタして、わたしはなんだか疲れちゃったのだが、Hは夕方から卓球の忘年会なので、お楽しみが待っているせいか張り切ってやっていた。
by rampling | 2004-12-25 15:08 | 思ったこと

昨日のこと。


さー、今日は木曜日、楽しみにしている《チャングム》を録画しなくてはと思ったら、その時間帯は《冬ソナ》になっていた。

チャングムは来年まで放送はないらしい。

残念だがわたしも遅まきながら《冬ソナ》にハマってしまったらしいので「まあ、いいか」と許す。

決断力がなくズルズル引きずるタイプのユジン、サンヒョク、チェリンにはイライラするが、なにせドラマだから面白く観ている。

さー、これからどうなるのかしらね。
by rampling | 2004-12-24 15:55 | 思ったこと

昨日の《冬のソナタ》


昨日の《冬のソナタ》でユジンがチュンサンの残したテープを聴きながら涙するシーンとスケッチを燃やしてしまうシーンに不覚にも泣いてしまった。

そういえば、わたしにもそういうようなことがあったなーとしばし感慨に浸る。

なぜこのドラマがオバちゃん達にうけるのか、わかったような気がする。

このドラマの中に過ぎ去った若き日の自分の姿を見て、過去の恋を懐かしみ涙してしまうのだろう。

誰にでも一人ぐらいはせつなく胸を焦がした忘れられない相手がいるはずだものね。

今ではそうそう簡単に人を好きになることも、またせつなく胸を焦がすことも無くなったわたしというかオバちゃん世代。

乾いた心を潤し、浄化してくれるこのドラマはその意味でも価値があるのかもしれない。
by rampling | 2004-12-22 15:40 | 映画 ・ドラマ

《冬のソナタ》完全版



BS2の《冬のソナタ》完全版を録画して観た。

チュンサンタイプのアタマが良くてスポーツが得意でちょっと影のある男の子に
女の子はどうしても惹かれちゃうのよね。

わたしの初恋の男の子もこういうタイプだったし。

オバちゃんたちも自身の初恋にダブらせて胸キュンなのかな。

わたしはヨン様よりも明るくてオテンバで活発な女の子を生き生き演じている
チェ・ジウの可愛さに惹かれた。

この際だから最後まで見てみようと思う。
by rampling | 2004-12-21 15:46 | 映画 ・ドラマ

a0006033_14534682.jpg
これは1985年メトロポリタン歌劇場で上演されたもの。

演出はフランコ・ゼフィレッリ。

カヴァラドッシはプラシド・ドミンゴ。トスカはヒルデガルド・ベーレンス。

スカルピアはコーネル・マックニールで当時最高のキャスティング。

豪華な装置と衣装。

オーソドックスな演出でとても好かった。
by rampling | 2004-12-20 14:54 | 音楽


夏はこんなに可愛いミミちゃんだったのに。

どんな夢を見て眠っているのミミちゃん。

a0006033_1425623.jpg

by rampling | 2004-12-18 14:24 | 思ったこと