河出書房の文芸別冊

オフタイマー設定をしていなかったらしくて、ふと目が覚めると10時半頃でテレビではニュースが流れていた。
しばらくそのままニュースをみていたらなんだか目が冴えちゃってまったく眠れなくなってしまった。
1時ごろまで右を向いたり、左を向いたりゴロゴロ寝返りをうちながら悶々としていたが、そうだNHKのラジオ深夜便でも聴こうとラジオをつけると〔わが心の人〕というコーナーは作家の萩原葉子さん。
ゲストにイラストレーターの 田村セツコさんを招いて萩原葉子さんについてその人となりがいろいろ語られていた。
わたしは彼女の作品は《蕁麻の家》と《天上の花》しか読んでいないが懐かしい想いで聴いていた。そのうち眠ってしまったらしい。

目覚めると6時だった。
Hが居ないのでパンとコーヒーそれに野菜サラダの簡単な朝食を取りながら新聞に目をやると「河合隼雄氏が死去」という見出しが載っていて驚いた。

テレビではお姿をよく拝見していたのだが、構えが無くフランクで、話し方も押し付けがましいところの無い、人に解放感を与える話し方で感じの好い人だなという印象を持っていた。

わたしは河出書房の文芸別冊が好きでよく買っているのだが、ついこの間《森茉莉》《幸田文》《林芙美子》《白洲正子》を買うついで《河合隼雄》も買ったばかりなのに。
今は林芙美子を読んでいて《河合隼雄》はまだ読んでないんだけどね。
なんだかさびしいね。
a0006033_22264134.jpg

by rampling | 2007-07-20 22:17 | 思ったこと

わたしの思ったこと、感じたこと、観たドラマのことなどなど。


by rampling