円楽さん、どうしているのかね。

しかし、円楽さんを見ていて落語家はあまり偉くなっちゃいけないなと思ったよ。
テッペンを目ざして精進して来たからああいう不如意な結果になると即引退ということになるんだろうね。
ま、潔くて良いなんていう人も多いけど。

他人は知らないけど、わたしが寄席に行く理由はまず第一に贔屓の落語家の顔が見たい。
次に声が聞きたい。
話は最後という順になるんだけどね。

ろれつが回らなくても、スラスラ喋れなくたっていいじゃないの。
ちょっとしたホコロビみたいなものが面白いのにね。

なにもスラスラ流れるように語るだけが落語じゃないっしょ。
詰まったり、つんのめったり、早口になったり、間延びしたり、そこをうまくリズムをつけて語るのが味のある落語だと思うんだけどね。
ま、こちとら素人だから難しいことは分かんないけどね。

失敗してもエヘっと笑って許してもらえるような可愛げというのかな、そういうのほほんとした落語家が好いね。わたしは。

でもこういう可愛げって生まれつきのものかもしれないね。
円楽さんには無理ってもんか。

お坊さんにしてもさ、ちょいと生臭さが入っててさ、善と悪の両方に通じているほうがが魅力があるし、ラジオの身の上相談を聞いててもさ、あまりにもキチンとした偉い人じゃ相談がしにくいね。
適当にだらけていないとさ。いつもお説教されちゃかなわないもの。
気安く相談できるタイプじゃないとね。
気安さというのも魅力の一つよね。

ナニが言いたかったんだろうね。
つまりさ、もっと気楽に生きてもいいんじゃないかってことさ。

そういえば、男子フィギュアはわたしの贔屓のバトル君は転んで、転んで散々だったけど、スケーティングの美しさでは絶対彼が一番よ。
中野友香里も優雅な滑りで印象に残ったわ。
毎回言うけどわたしにとってはあくまでもジャンプではなくてスケーティングの美しさが一番なのよ。
なにも力説することはないか。
黙ってうっとり見ていればいいのよね。

この間テレビに出て歌っていたクミコさんの歌好いなと思って買ったの。

a0006033_14541825.jpg

今読んでる本。
a0006033_1455867.jpg

ステッチここまで出来たよ。
a0006033_1564052.jpg

シルクちゃんに新しいワンピース買ってあげたの。
a0006033_14563763.jpg
a0006033_14565047.jpg

by rampling | 2007-03-25 14:58 | 思ったこと