人気ブログランキング |

『赤毛のアン』

「神は天にあり、世はすべてこともなし」

これは、私の好きな『赤毛のアン』の中に引用されている、英国の詩人ブラウニングのことば。

このことばを最初に目にした時は、まだ10代の始め。
その頃は小説の粗筋を追うことに懸命で、このことばを深くかみしめるまでは心が至らなかった。

その後20代、30代と繰り返し読むことにより、このことばの持つ意味の深さ、ことばの確かさが納得できるようになった。 このことばには、ゆらぐことのない神への絶対的な信頼がある。

たとえこの先どんなことがおころうと、すべてを肯定し、受け入れていこうとする強い意志のようなものがのぞいている。

苦しかった30代 。
思うようにならない現実に心が荒み、人生に呪いのことばを吐きたくなる時、このことばを唇にのぼらせると、今まで波立っていたきもちが次第に静まり、心の落ち着きを取り戻した。
a0006033_1502666.jpg

by rampling | 2004-03-03 15:49 |

わたしの思ったこと、感じたこと、観たドラマのことなどなど。


by rampling