「高慢と偏見とゾンビ」

この間シネフィルWOWOWで「高慢と偏見とゾンビ」を見たのだが、なぜここにゾンビをもってきたのか不思議ね。

でもまあ、これはこれで、こういうものかと思って見れば、わたしはそれなりに面白かったが。

サム・ライリー のダーシーは、なんか幼く見えて、目も泳いでいるというか、オドオドして落ち着きがないの。

反ってジャック・ヒューストン演じる放蕩息子のウイッカムの方が目線やたたずまいが落ち着いていて品格があったような。
こちらが、ダーシーを演じれば好かったのにとわたしは思うが。

ミスターコリンズは誰がやるのかと期待していたら、ドクターフーのマット・スミスで。
この役はもっとネチネチいやらしくないとダメでしょう。
彼の演技はあっさりしすぎて面白くないの。

ベネット夫人もナンの個性もないし。

わたしが高慢と偏見で面白くて忘れられないキャラクターと言ったら、まずベネット夫人、ミスターコリンズ、それにデ・バーグ令夫人で、彼らが存在を発揮してくれないと気が抜けて面白くないわ。

ダーシーはコリンファース。

a0006033_15355284.jpg

ベネット夫人は アリソン・ステッドマン。

a0006033_15360966.jpg


コリンズはデイヴィッド・バンバー。


a0006033_15362076.jpg

デ・バーグ令夫人はバーバラ・リーハント。

a0006033_15363563.jpg



これは変えられないわ。
存在感あるもの。
彼らがこの映画を盛り上げてくれるのよね。

不思議なことに、その点エリザベスは誰でも良いというか。
キーラ・ナイトレイも今回のリリー・ジェームズも好かったし。

こんなこと書いていたら、また「高慢と偏見」「プライドと偏見」を見たくなったので、持っているDVDを見るわ。

a0006033_15385368.jpg


by rampling | 2018-08-21 15:45 | 映画 ・ドラマ

わたしの思ったこと、感じたこと、観たドラマのことなどなど。


by rampling