今日はわたしの誕生日。69歳になりました。

今日はわたしの誕生日。
69歳になりました。
あ~あ、60代も今年でお終いか。

まあ、いつものように、自分をしっかり愛し、鈍くさく、着実に生きていきましょう。

自然なたたずまいで生きていくのがイチバンね。

それから、年をとったら、きっぱり諦めることが大切ね。

執念深く、なんでもぐずぐず長引かせ、諦めの悪い態度は見苦しいわ。

ゴミ屋敷のおじさん、ハトの餌やりおじさん、騒音おばさん等彼らはなぜこんなにも意地を張るのだろう。
分からないなあ。

人のことばに一応耳を傾ける素直さをどこに置いてきたのかしら。

あ~だこ~だ、ウダウダ屁理屈を言っていないで、ちゃっちゃと諦め前に進めばよいものを。

しかし、録画していた「朝生」を見ていたのだが、あ~あ、とうとう ウーマン村本のような若者が出てきたのかと思うと愕然とするわね。

古文書も70歳までにはなんとか形をつけたいなあと思っていましたが、ま~だま~だです。

まあ、アタマがしっかりしているうちは、ず~と続けていこうと思っているので、焦らずにぼちぼちいきましょう。

初詣も済み、お正月はタランコ三昧が許されるのでうれしいわね。
お風呂掃除はしょうがないが、部屋の掃除は極簡単に済ませ、後はおせち料理をおつまみに、ワインを飲みながらゆっくりいたしましょう。

ディヴァインの「紙片は告発する」を読みました。
う~ん。星三つかな。★★★

冒頭のルースの独白は《挽歌》の冒頭の心地よいリズム感のある文章と重なり懐かしさで、ちょっと胸キュン。

その語り口から主人公はルースだと思っていて、これからの展開はどうなっていくのだろうと興味津々だったのだが。

彼女はいきなり殺されちゃって。
主人公は別人だったの。

ある日ルースはひとりの人間を刑務所送りにできる秘密のメモを偶然然見つける。

拾ったメモのことを、もちろん中身は言わず誰彼となくペラペラしゃべってしまう。

ルースは家族からも職場の同僚たちからも軽んじられ深く傷ついていたのね。

だから常日頃彼女を小馬鹿にしている同僚たちに秘密のメモのことをアレコレ聞かれ注目されると嬉しくて逆らえないの。

アレアレそんなにしゃべってしまってダメでしょうとハラハラしながら読んでいたのだが、その口の軽さが災いし、彼女は殺されてしまう。

そして相思相愛だと信じていた相手のクリスの好意も単なる同情からきていたのだとは。

結局ルースは誰からも愛されず、惨い殺され方でこの世から去って行く。
痛ましく短い人生。
哀れさを感じるわね。

ルースを殺したのは誰か!

大体犯人というのは地味で目立たぬ人物であるということは心得ている。
何食わぬ顔をしてきっちり動いているが、ちっとも怪しくない素振りの人物。

それは一人しかいないでしょう。

わたしは多分この人物だろうと見当はつけていたのだが、動機がクエスチョンで。

前触れが何も無くて、捕まった段階で知らされる犯人の過去じゃ、こちらは想像がつかないでしょう。
ということで星三つ。

事件を解決していくのはルースの姉マーガレットの元恋人であった警部補のクリスとマーガレットの友人であるジェニファーなのだが、わたしは彼らにはあまり興味がなくてね。
だって彼らには哀愁が無いんだもの。
寄り添えないわ。

それに、いつも思うことなのだが、ミステリーに恋愛はいらないわね。

a0006033_14295757.jpg


解説より。

D・M・ディヴァインは、デビューから亡くなるまでの約二十年の間に十三作の長編を書いた。
一九七〇年に発表されたこの作品は、第九作に当たる。
本書の刊行によって、残る未訳作品はあと二作となった。

さあ、あと二作品。早く読みたいわね。
でもねえ。創元推理文庫って、どうしてこんなに活字が小さいの。
わたしの視力では、持っているハズキルーペ1.6倍じゃダメで1.85倍 をまた買ってしまったわ。
これでOKだったけど。
創元社さ~ん、活字の大きさをなんとかしてくれ~。

69歳のわたしです。

a0006033_12212014.jpg

by rampling | 2018-01-02 14:31 | 自己紹介

わたしの思ったこと、感じたこと、観たドラマのことなどなど。


by rampling