さあ、いよいよ大晦日ね。

わたしは年越しそばを食べ、お風呂に入りロシア選手権のエキシビションを録画していつも通りワインを飲みながらテレビの年忘れにっぽんの歌を見ながらこれを書いています。
Hはもう寝ました。

我が家の2012年の前半はナニごともなく屈託のない生活を送っていましたが、後半は予期せぬHの肺がん宣告に驚きましたが、今は二人に一人がガンになる時代。驚いてばかりもいられず、幸い初期だったので未来を信じ抗がん剤治療に専念するのみと割り切り生活をしていました。
その抗がん剤治療も1月で終了する予定なので、あと1回ガマンすれば、後はバラ色の人生よとHと自分自身に言い聞かせ、なによりもストレスの無い生活を心がけているが、口うるさいわたしの存在自体がストレスの源としたら。これは申し訳ないことね。(^.^)

まあ、毎回治療が終わった時点は調子の悪い状態が2週間ぐらい続くが、その後には明るさを取り戻し、わたしもHがガンであることを忘れてしまう程元気になるので大丈夫でしょう。
不安を感じながら生きていてもしょうがないので、忘れることがイチバン。

わたしは今のところ元気ですが、まあ東日本大震災のことやHを通して災害と病気は突然やってくるということを否応無く認識させられたのでアタマの隅のどこかにこの先ナニが起こっても致し方ないのだなという諦めに似た想いの覚悟はできているつもりだが…。
うーん。でも想像するとつらいことね。勘三郎さんもまさか自分が…と思ったことでしょうね。ほんと悲しいわ。

まあ、命ある限り1日1日を大切に生きていくしかないわね。
とにかくこの1年を健康に過ごさせてくれた天の神様に感謝をしてこの年を締めくくりたいと思います。
ではよいお年をお迎えください。

by rampling | 2012-12-31 21:08 | 思ったこと