昨日の午前中は

イオンや農協で買い物をしていて忙しかった。
午後一段落ついていつも用もないのに側に来てニャーニャーうるさいチャーちゃんが居ないことに気が付いた。
Hにチャーちゃん知らない?と聞くと朝は廊下でいつものようにゴロンゴロンしていたけどそう言えばさっきから姿を見てないなあと言う。
夜になっても戻って来ないのでコレはおかしいなあと心配になって来た。
何年か前にも雌猫を追いかけて行き翌日何事も無かったような顔をして戻って来たことがあるので多分そうだろうと思ったが、もしかしたら事故に合ったのかも知れないと思うと不安になり、昨夜は熟睡できなかった。

今朝起きてからもまだ戻って来ないなあと心配していたらお昼前にニャーと鳴きながらヨロヨロ歩いて戻ってきた。
部屋に入るなり疲れた様子で、ペタンと横になる。
ケガをしていないかとカラダを触りチェックすると足に何かに引っ掛けたような傷があったので膿んでしまったらタイヘンと病院へ連れて行くと痛いのか物凄い声を出して暴れるので必死に押さえつけて手当てをして貰う。
キャリーケースに入れてもまだ唸っていたが、家に帰るなりアタマにきたのかまた何処かへ行ってしまった。
まあ、怒りが治まったら戻って来ると思うが。
ほんと猫というのはキマグレだからフイと居なくなることがあって心配するのよね。
a0006033_13104291.jpg

ステッチはここまで出来ました。
a0006033_16473648.jpg


追記。
「検屍官」只今読み終えました。
バージニア州リッチモンドで5人の女性が立て続けに殺される連続殺人事件が起こった。
死体の情況証拠により同一犯の仕業であることが推量される。
それは猟奇的なとり肌が立つようなおぞましい事件で、マスコミに事件が報道されることにより犯人の本能が刺激されるのか被害情況は回を重ねるごとに残酷さを増していった。
一人目よりは二人目が、二人目よりは三人目が。
なぜこれらの5人の女性が狙われたのか。
殺された彼等に共通するのはナニか。
検屍官ケイ・スカペッターはあらゆる方向から捜査を進めていく。

わたしの推理では女性新聞記者と主人公の恋人の共謀なのかなと思ったのだが、残念ながらハズレました。
最初からぐいぐい引き込まれていきとても面白かったのですが、筋書き通りの犯人像ではつまらないと思うのかとってつけたような予想を覆すラストで失望させられなくもないなあというのが正直な感想です。

by rampling | 2011-07-27 17:26 | 我が家のわんことニャンコたち

わたしの思ったこと、感じたこと、観たドラマのことなどなど。


by rampling