古文書の案内書を送ってもらおうと

請求フォームを見ると「NHK学園生涯学習通信講座の受講経験のある方は受講者番号を記入して下さい」とありその下に9ケタの番号ですとあったので、むかしむかし受講していた保管してある講座のリポートを見てみると、確かに9ケタの番号があったので随分古いが一応記入して送信した。
その頃受講していたリポートの提出日を見ると昭和61年とある。
その年36歳の時には「王朝女流日記コース」と「俳諧の世界コース」を受講していて62年37歳の時には「和歌の世界コース」と「古代史コース」を受講している。

そうだよなあ、この頃は前夫と別れ好きな男もできたが、その恋も先が見えず失望しやさぐれていた時で、こんなことをしていてはダメだときもちを立て直しわたしは勤めを終え帰宅すると一人部屋の中でコツコツまじめに勉強していたのだ。
しかし、こういう地味な活動が後の人生に響いてくるのよね。
どっちへ転ぶか分からない人生。
わたしは勉強することで苦しい状況をやり過ごしたが。
捨て鉢にならず、その時に出来ることを真面目にコツコツやっていれば神様は見ていてくださるのよね。

おかげでそれ以後はどっちつかずのいいかげんな男にも引っかからず真面目でじっくりした男のHに巡り合うことができわたしは現在平穏な生活を送っている。
まあ今では学習した内容もすっかり忘れてただの懐かしい思い出になっているだけだが。

見栄を張って満点の添削リポートだけを紹介したかったが、王朝女流日記コースだけは98点が最高得点で残念。

a0006033_14583821.jpg
a0006033_1458525.jpg
a0006033_1459691.jpg

a0006033_1552329.jpg

by rampling | 2010-12-02 15:34 | 思ったこと