それも次の日に。
鼻の奥がツンツンむずむずしてきて、やはり「来たな!」とすぐ常備薬のパブロンを飲みましたが、1週間ぐらいはダメでしょう。

溜まりに溜まったビデオは毎日一つづつ見ているのだが、なかなかケリがつかないの。
わたしは見たい番組はすべて録画して見ているので、どうしても溜まってしまうのね。

年末に放送された「The Covers Fes 2018」は今頃見ました。

印象に残ったのはBARBEE BOYS。


a0006033_15392914.jpg

一夜限りの復活とあったが、瞳孔が開きっぱなしのような目をしたコンタさんはハスキーな声で好い感じ。
インタビューを受ける時の佇まいも落着いていて好かったわ。
「目を閉じておいでよ」と「女ぎつね on the Run」を歌う。

脇でスカトーをたくし上げヒラヒラ踊りながら歌う杏子さんは、なんか邪魔くさく感じたなあ。

シシド・カフカってNHKの朝ドラに出ていたクールな女の子よね。
この子は歌手だったのね。
ドラムをたたきながらの「六本木心中」は迫力があったわ。

Little Glee Monsterの「ファイト!」は好かった。
大声で叫ぶんじゃなくて、しっとりと語りかけるようで。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDの
「白い色は恋人の色」も。

「眠れぬ夜」を歌う、鼻から抜けるような独特の声と雰囲気のある田島貴男はここの常連さんで、彼が出ると安心するわ。
この人は、このカバーズで知ったんだけど。

もっともっと魅力的な、わたしの知らない人をどんどん出して欲しいわ。

年末に買った「Let'sDisco -The Best Of Disco Hits- 」だが、

a0006033_15393631.jpg


好いのは「ラブ・マシーン」と「ザッツ・ザ・ウエイ」
とBoney M. の「怪僧ラスプーチン」ぐらいね。

怪僧ラスプーチンはわたしの好きなジンギスカンがデビューするきっかけとなった曲らしい。
やはりねえ。
好いもの。

12月18日の「こんなところに日本人」も今日見たのだが、せいじは、もう降りた方が良いわね。
あの態度を見ていると不快になるわ。
彼はもう飽きちゃったんじゃないの。
ナニをするにも面倒くさそうで。

100分de名著「風と共に去りぬ」は面白いわ。

翻訳家の鴻巣友季子さんのズバズバと確信的な物言いの解説が好いわね。

中国ドラマ「花と将軍~OH MY GENERAL~」
も終わってしまったが、これは面白くて最後まで見てしまったわ。
でも最後のじいさんばあさんは余計だったわね。

この後番組の「麗王別姫~花散る永遠の愛~」は今のところ見ているが、さあ最後まで見続けることができるか。
向田邦子ドラマは前回と同じくダビングして保存しました。

NHKBS時代劇の「小吉の女房」も面白そうね。
小吉のことはNHKのラジオ番組で詳しくやっていたので、これからが楽しみですわ。



# by rampling | 2019-01-19 15:46 | 音楽

病院へ行ってきたのだが、まあわたしが名前を書こうと用紙を見たらナント待ち人の名が25人。
ゲッ!
待合室には10人もいなかったので、ラッキーと思ったのが大間違い。
みんな名前だけ書いて一旦家へ帰っていたのね。
それからまあ、来るわ来るわ。
親子ずれが。
アッチもコッチもみんなマスクをしてるが、ゲホゲホ咳込んで。
その他おじいちゃんおばあちゃんも。
同じく咳はするし。
しまった。マスクをしてくるべきだったわと反省。

a0006033_16025454.jpg
マイッタなあ。
わたしは今年はまだ風邪をひいていないが、いつもお正月が済んだあたりから危ないので、焦りました。

それに寒がりのわたしの必需品であるひざ掛けは忘れるし。
携帯も忘れるし。
待ちに待ち、やっと診察を終え外にでると雨は降っているし。
もうガックリ来たわね。
わたしが行ったのは10時半で帰宅したのは13時半頃。
疲れました。



# by rampling | 2019-01-15 16:06 | 思ったこと

大手新聞社<ヘラルド> vs タブロイド紙<ポスト> 眠らない新聞社の果てなき戦い!
とあったが、そもそもヘラルドとポストは基本姿勢が違う。
ヘラルドは社会悪と闘い、一方ポストはゴシップ記事専門。
こうなると勝負の結果は決まっている。
良識は俗悪には負ける。
いつの世も同じ。(笑)

しかし、告発者のブルックス氏を無事に出国させたということはダンカンにもまだジャーナリストの矜持が残っていたのかと思っていたが、アレだものね。

でも彼のえげつなく悪どいやりかたの数々を、こうもあからさまに見せられると気分が悪くなるわね。
shame on you!

結局ここでの勝負はくそったのれダンカンが勝ったということなのかな。

a0006033_14081228.jpg

ダンカンとホリーの人間性の対比も見せてくれているわね。

一時的にポストに身を置きヘラルドに戻ったホリーもダンカンのヤリ方を見習い、彼を血祭りに上げてやる目論見を企てたが、だが結局彼女は止めた。
ここに違いがある。
やるかやらないか。
ここに人間性が表れる。


a0006033_14081887.jpg

汚い手を使ってライバル社を出し抜いたエドにも、まだ人間らしさが残っていたのか、結局彼はポストを去っていく。

一方ダンカンは血も涙も無い人間離れしたモンスターへの階段を一歩一歩上っていく。
さあ、彼の行き着く処はどこなのか。
まあ、上り詰めた人間は、後は落ちるだけなので、それを楽しみに待ちましょう。





# by rampling | 2019-01-12 14:14 | 映画 ・ドラマ

お正月に溜まったビデオを次から次へとジャンジャン見ようと思っていたが、なかなかそれもかなわずというところね。
いくらお正月は家事がお休みといったってコマコマした用事はあるし。
特にHのようなパナシの男を抱える身では、彼の後始末に忙しくて、コマギレの時間しか持てないの。

この年になると、Hにアレコレ注意するのは無駄であるということが分かっているし。
ボランティア活動だと思って、ナニも言わず、黙ってやるのみね。


まあ、元気で長生きしてくれれば、それで好いわね。
いなくなったら寂しいもの。

「無実はさいなむ」をやっと見たが、今回のコレは見応えがあったわね。
今までのような年増女のお手伝いとジャックの納得のいかない関係の結末ではなく。

今回はさもありなんという、わたしとしては納得のいく結末でした。
ジャックの潔白の証言者に原子爆弾開発に関わった一人として苦悩を抱え、精神が疲弊し強制的に精神病院に入れられ、そこを脱走した人物を持ってきたのも今までとは違いなかなかだわね。
本人がいくら力説しても、妄想としか受け取られ兼ねないものね。

NHKニューイヤーオペラコンサートも好かった。

印象に残ったのは、福井敬さんはもちろん、安井陽子さん、森麻季さん、大村博美さん。
そして一番印象に残ったのは、「サムソンとデリラ」から「あなたの声に心は開く」を歌った藤村美穂子さん。
素晴らしかった。
顔付も好いわね。
落ち着いて。
威厳があって。

a0006033_15094878.jpg



# by rampling | 2019-01-08 15:16 | 映画 ・ドラマ

「かどで一」と「かどで二」が載っていたので、今日解読してみた。

a0006033_14544870.jpg

わたしは更級日記は大好きで、特に「かどで一」と「かどで二」は暗記しているので、大体読めたのだが、定家の書きクセもあるが、仮名文字一辺倒の文は意外と難しいものだと分かった。

かどで一は途中の「ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど~」から始まっている。

でも定家のこの文字は好いわね。
堂々たる文字で。
魅了されちゃった。

わたしが勉強している古文書は漢字が多く、これに慣れているせいか、最初は戸惑いました。

a0006033_14550116.jpg



# by rampling | 2019-01-04 14:58

録画しておいた《サスケ》を昨夜見たんだけど、サスケ君は残念だったわねえ。
タッチまで、たった1秒の差。
彼はホント悔しかったでしょうね。
わたしはおっちょこちょいの漆原君が好きで応援しているんだけど、彼は6年ぶりの3rdステージでよく頑張ったわよね。
最高齢の40歳で。
バーティカルリミットで残念ながらリタイアしてしまったけど。
しかし、妻子持ちなんて知らんかったなあ。
Hは興味が無いらしくてフン!なんだけど、わたしはひとりで、きゃあきゃあ言いながら見ているの。
ほんとサスケは好きね。

さて、1月の楽しみにしているドラマは。

AXNミステリーより。

★《プレス 事件と欲望の現場(全6話)》
日本初放送 新番組

字幕版
先行一挙放送:1月6日(日)6:00pm
レギュラー放送:1月11日(金)スタート 毎週金曜10:00pm【BBC FIRST】

大手新聞社<ヘラルド> vs タブロイド紙<ポスト> 眠らない新聞社の果てなき戦い!スキャンダラスな事件とそれを追う記者たちの奮闘と葛藤・・・、目まぐるしく動く新聞業界の内幕をスリリングに、そしてドラマチックに描く!

「女医フォスター」の監督&脚本家が手掛けた英BBCの最新作を日本初放送!「名探偵ポワロ」のデビッド・スーシェも出演!

a0006033_15112117.jpg

★《シェトランド》(シーズン3・全6話)一挙放送
日本初放送 新シーズン

字幕版:1月12日(土)10:00pm

※シーズン2も同日夕方4時より放送

シリーズの舞台となるのは、スコットランドの地方行政区画のひとつで、亜寒帯に属するシェトランド島。
ほとんどの島民が顔馴染という世界で、ちょっとした行き違いから無意識のうちに封印してきた怨嗟や嫉妬が滲み出し、殺意へと変わっていく濃密な人間描写、緻密な伏線、大胆なトリックで綴られるストーリーが展開する。

監督は「ヴェラ~信念の女警部~」も手掛けるピーター・ホアー。シェトランド署のジミー・ペレス警部を英人気テレビシリーズ「プライミーバル」等に出演するダグラス・ヘンシュオールが演じ、部下のサンディ・ウィルソン巡査を「刑事ジョン・ルーサー」や「リッパー・ストリート」に出演するスティーブン・ロバートソンが演じている。


a0006033_15113411.jpg
BS12では、

★《向田邦子 ドラマ傑作選》がまた始まるみたい。

1月8日(火)19:00~放送スタート! 毎週火曜放送!

「終わりのない童話」、「女の人差し指」、「眠る盃」、「冬の家族」「わが母の教えたまいし」「隣の神様」「華燭」「空の羊」など。

そしてシネフィルWOWOWでは
★《風の勇士 ポルダーク  全8話》が始まるみたい。
放送日時
2019年01月07日(月~木)12:00~13:15..

エイダン・ターナー主演。18世紀英国を舞台に、情熱あふれる若き鉱山主ポルダークが辿る、愛と波乱に満ちた生涯を描く大河ロマン。(全8話)

あらすじ

1781年、バージニア植民地のアメリカ独立戦争で負傷したロス・ポルダークは、2年後、故郷コーンウォールへと帰還する。しかし奇跡的に生還した彼を待ち受けていたのは、父の死と多額の負債、そして荒れ果てた土地と鉱山。さらに最愛の恋人エリザベスは、いとこのフランシスと婚約をしていた。ロスは失意に打ちのめされながらも、ひょんなことから助けた少女デメルザを使用人として雇い、自力で新たな生活を築こうと奮闘する。

a0006033_15084033.jpg



# by rampling | 2019-01-03 15:16 | 映画 ・ドラマ

例年通りお節を頂きながら、Hにハッピーバースデイソングを歌ってお祝い?してもらいました。

Hは家でゴロゴロしていたら太ると言って昼過ぎに碁会所へ歩いて出かけて行きました。

さあ、初詣も済んだし、今日からは溜まったビデオを見たり、ミステリー本を読んだり、お正月はタランコ三昧でうれしいわね。

年賀状に書いた通り、今年は古希で、チンピラばあさんのわたしも、いよいよ本格ばあさんの仲間入りを果たします。

これからの望みは?と問われたら、わたしは現状維持と答えたい。

昨日と同じ今日。今日と同じ明日を迎えられるシアワセがあるということが、分かったから。

分かり切った生活であるが。落ち着いた生活。
これがわたしの理想で、赤塚 不二夫じゃないが「これで好いのだ!」

年を取り、先の短い人生を考える時、いままでのような人生はもうイヤだ。ドラマチックな人生を歩みたいと考える人もいるだろう。

ドラマチックな人生も良いだろうが、平々凡々な落ち着いた人生を歩むのも悪くない。

吉野弘の「祝婚歌」の中で「健康で風に吹かれながら生きていることのなつかしさにふと胸が熱くなる」という一文がある。

読むたびに、コレにはグッとくる。
他の文章は説教臭くて、どうでもよいのだが。

わたしもこういう思いはいつもある。
車の助手席に座り、5月のまばゆい光に照らされた外の在り様をぼんやり眺めているときに。

ああいつかこの景色ともお別れしなくちゃいけない時がくるのかと思うとグッときてしまい泣けてくるのだ。

そんな私を見てHは不思議そうな顔をする。
ヤツには分からんだろう。

内館牧子さんの「すぐ死ぬんだから」は生々しい女の本音が随所で聞けて笑ってしまったが。

しかし、ハナちゃんの心意気は買うが、邪魔くさいバアさんでもある。

息子の嫁に対してもチェックがきつくて。

人それぞれ価値観が違うのだから、他人のライフスタイルに文句をつけること自体が余計なことなのよ。

みんな自分の好きなように生きていいの。

自分がイチバンと自惚れている人はつい他人のことに口を出したくなるのよね。
デビ夫人のように。(笑)

こういう人の顔は殺気立っているの。

ハナちゃんも自分の顔つきを意識しなくちゃね。

他人にチヤホヤされるのが、イチバンの望みのハナちゃん。

そりゃ、女に生まれ「あらいつもステキね~」なんてチヤホヤされたい気持ちは分かるが、だがそれも一時のことよ。

オシャレに身を費やし、他人のお愛想に一喜一憂するのも良いが、年寄りがそんなアテにならないものに価値を置いてよいのかな。

これから先老いていく一方なのに、それでいいんかいハナちゃんよ!

もっと年をとり、病気になり骨皮筋子になれば、あんなにお愛想を言ってくれた同じ口で、あの人あんなにオシャレだった人がねえ。ああ、こんなにも変り果てるなんてと…。
タメイキつかれるのも、ミジメなハナシよ。(笑)

いずれ、老いさらばえて消えていくんだから。

確かにいくつになっても見かけは大切だが、70過ぎて競うとしたら体力でしょう。

体力勝負よ!(笑)

わたしの将来はハナちゃんが嫌うナチュラルで好いなあ。

帽子を被ってリュックを背負って虫みたいでも好いじゃないの。

バアサンがバアサンらしく生きて悪いんかい!

楽に生きることを選択して、のんびり生きているのだから、他人がとやかく言うことはないの。

楽に生きていれば、他人に対する視線も穏やかで優しくなるわ。
少なくとも邪魔くさくはないわね。

元気で生き生きしてて、誰の邪魔もせず、邪魔されず命を終える日までノホホンと生きていきたいわ。

a0006033_14205602.gif

70歳のわたしです。


a0006033_14221674.jpg


# by rampling | 2019-01-02 14:26 | 自己紹介

a0006033_15282063.jpg

今年は古希で、チンピラばあさんのわたしも、いよいよ本格ばあさんの仲間入りを果たします。
これからは背筋を伸ばし、気を引き締め、オレオレ詐欺にも騙されず、しっかり生きて行かねばと思っています。

なぜか、今まで特別な感情をもって聴くことのなかった武田鉄矢の「思えば遠くへ来たもんだ」
この歌が、この年になって始めて実感を伴って胸に響いてきます。

「思えば遠くへ来たもんだ 振り向くたびに故郷は
思えば遠くへ来たもんだ 遠くなるような気がします
思えば遠くへ来たもんだ ここまで一人で来たけれど
思えば遠くへ来たもんだ この先どこまでゆくのやら」

今日は朝お雑煮とお節を頂き、昼頃から曽屋神社へ初詣に行ってきました。
例年通りイオンへ車を止め歩いて曽屋神社へ、また歩いてイオンへ戻り明日のわたしの誕生日ケーキとミミちゃんのショートケーキとお刺身、その他もろもろを買い帰宅しました。



a0006033_15294603.jpg

a0006033_15295567.jpg

a0006033_15300290.jpg

a0006033_15300901.jpg

a0006033_15301768.jpg

a0006033_15302593.jpg
さあ、今年も毎日の過ごし方は例年通り古文書とミステリー本と英国&北欧ミステリードラマ(米国ドラマはがちゃがちゃうるさくてイヤ)を思う存分楽しむつもりですので、よろしくね!

今年も気まぐれな更新となりますので、気が向きましたら、お訪ね下さいまし。



# by rampling | 2019-01-01 15:35 | 思ったこと

帰りはイオンに寄りワインや、お節を食べないHの為に彼の好きなものをいろいろ買い、午後は録画しておいた「おしん総集編」を見ていました。
わたしは朝ドラはあまり興味がなくて「朝がきた」も今頃再放送をマジメに見ているタイプなのだが、おしんの総集編は、はしょりはしょりの展開でも、なかなか面白かったわ。
只今放送中の「まんぷく」はインスタントラーメンの創業者の物語なので、興味を持って見ているの。

大掃除はとうに済ませましたが、お正月はお掃除が出来ないので、今日済ませました。
玄関のタイルはHに洗ってもらいました。

明日はHの好きな厚焼き玉子や栗ようかんなどを作り、年越しそばも食べに行かなくちゃならないし、忙しいの(笑)

さあ、蟹も届き、お節も届き、(Hはお節は嫌いなので、わたし一人分)お肉も買い、お正月の準備は出来ました。

a0006033_17113847.jpg


a0006033_17115985.jpg
まだ、凍っています。


a0006033_17115042.jpg

a0006033_09260950.jpg


明日はサスケは録画しておいて、例年通りワインを頂き「年忘れにっぽんの歌」を見ながらゆく年くる年に想いを馳せながら過ごしたいと思っています。



# by rampling | 2018-12-30 17:20 | 思ったこと

気分を上げようと朝のコーヒータイムはディスコミュージックを聴きながら踊っていました。
もうすぐ70になるバアサンが!
気色悪いと言うなかれ。
体が勝手に反応するのだからしょうがない。

曲に合わせ腰をくねらし、手を上下左右に打ち鳴らし、リズムにのって踊っていると、顔は自然にほころび、楽しくなるの。

わたしの持っている《ディスコ・チャンピオン》では「ハロー・ミスターモンキー」と「ジンギスカン」が乗りやすくて好いわ。

ちびまる子ちゃんの「踊るポンポコリン」も好いわね。(笑)

Hはいつものことだから動じない。
たまにはカモーンと誘うが、彼は腰が動かないの。(笑)

その時々でさまざまな曲を聴くが、気分を上げるにはディスコミュージックが一番ね。

むかしむかし、前夫と別れ、途方に暮れた30代も踊っていたが。

踊っているとその頃を思い出し、懐かしい。

《ディスコ・チャンピオン》は収録曲が少なくて、他の曲も聴きたいので、今日アマゾンに《Let'sDisco -The Best Of Disco Hits- 》を注文しました。

クリスマスケーキとシュトーレンが届きました。
来月の誕生日には又ケーキを食べるので、クリスマスはジェラートケーキにしました。
さっき6分の1を食べましたが、冷たくて美味しかったです。

a0006033_15542742.jpg


a0006033_15543793.jpg



# by rampling | 2018-12-23 15:56 | 音楽